VILLAGE VANGUARD
  • 最新記事 最新記事
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2021.06.10

【キタコレ!】お風呂俳優 髙﨑俊吾の銭湯日記Vol.15 和風モダン銭湯 〜新大久保 万年湯〜

シェアする

Facebook

和風モダン銭湯 新大久保 万年湯

緊急事態宣言下、銭湯のサウナは休業を余儀なくされています。一方で、銭湯自体は、時短営業などの対象になるものの、暖簾をあげることはできています。お風呂俳優・髙﨑俊吾の銭湯日記、今回はサウナ営業をもとよりしていない、浴槽の魅力をたっぷり持った銭湯さんに取材してきました!

今回訪れたのは、JR新大久保駅から徒歩で5分、万年湯さんにお邪魔してきました!

言わずと知れたコリアンタウンとしても有名な新大久保。改札を出るとすぐさま目に入ってくるハングル文字の店舗。海外にいけない昨今ですが、少し旅行気分も味わえる、そんな街です!

改札を出て右に進みます。交差点もそのまま直進します。

そのまましばらく道なりに進むと、写真にある大きな看板のある路地が。この路地を右に入ります。

するとすぐさま目に入ってきました、万年湯さん!

コリアンタウンの中にひっそり佇む和風な様相の外観。とてもおしゃれですね!

暖簾をくぐると下駄箱も和風でとてもおしゃれな空間です。

万年湯さんは創業昭和36年、2016年にリニューアルし、今年で創業60年を数える老舗銭湯さん。創業から変わらない浴室内の配置を残しつつ、和モダンなテイストにリニューアルし、昔ながらの常連さんも一見さんにも落ち着く空間を提供されています。

 巨大なゆっポくん人形とゆげじい人形が置いてある券売機でチケットを購入。入湯料は都内一律470円。無料でフェイスタオル一枚を借りられます!また、リンスインシャンプーとボディソープは備え付け。手ぶらで来られるのも万年湯さんの良さです。


それでは、脱衣場にいきましょう!ここからは公式HPのお写真を拝借します。脱衣場の中も和モダンなテイストで統一感があり、高級感がありながら居心地の良さも両立されていました!

また、ロッカーは正方形が32箇所、長方形が14箇所あり、混雑時でも足りなくなることはなさそう。

浴室内はこんな感じです。

浴室内全体が和風で、壁画には鶴が描かれておりました。また、窓には障子窓が採用されて、他の銭湯さんでは見たことがない、和室のような雰囲気がありました。

カランは24箇所、シャワーが1箇所あります。また、鏡の横には手すりがついており、立ち上がるのに億劫な年齢になっても安心して利用できる点も嬉しいですね!

浴槽は、大まかには2箇所。

40度ほどの中温湯とそこに併設された電気風呂とジェットバスの座湯があります。そして、45度近い高温湯は、白く濁ったシルク風呂です。

万年湯さんのお湯は全て軟水を使用されており、肌触りがとても柔らかいのが特徴です。湯上がりの肌のすべすべも感じられます。

また、万年湯さんには水風呂もあります。

水風呂の温度は20度ほど。高温湯はかなり熱く長湯するのは難しいですが、この水風呂のおかげで交互浴ができ、とても体が軽くなりました!

すっかりリフレッシュしたところで、浴室を後にします。万年湯さんには、ビンの牛乳はありませんでしたが、紙パックのジュースが売っていたので、そちらでカフェオレを購入。110円でした!

ふと壁を見ているととても気になるポスターが。

なんと、今年の夏はTOKYO SENTO FESTIVALが開催されるということです!いやぁ、こんなにも銭湯に入りに行っているのになんたる情報弱者、、。

このイベントでは、景品付きのスタンプラリーや様々な分野で活躍しているアーティストの方とのイベントも開催されるということです。東京の銭湯、さらに盛り上がること間違いなしです!!

ということで、今回は新大久保にある万年湯さんにお邪魔してきました。新大久保という土地柄、コリアンタウンという観光地でもあるので、人の交流がなかなかしづらい昨今でも、確固たる和テイストの銭湯というブランドを貫き、多くのお客さんから支持される銭湯、万年湯さん。お客さんの心を掴む、それは時代や環境に流されるだけではなく、あるいは逆行することにこそ、真理があるのではないか。少し哲学的な話となってしまいましたが、コリアンタウンにひっそり佇む和風銭湯の万年湯さんは、どんな人にも魅力的に映る素敵な銭湯でした。もしお近くまでお越しの際は、是非万年湯さんで、汗を流してみてはいかがでしょうか。

今回の探索人

髙﨑俊吾 

Twitter:https://twitter.com/shun5tksk1112

記事元

こちらの記事は、キタコレ!で読む事ができます。

キタコレ!を見にいくっ

キタコレ!の記事を読む

\シェアする/