VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2021.02.12

【キタコレ!】お風呂俳優 髙﨑俊吾の銭湯日記Vol.11 ウルトラな街のウルトラ銭湯 〜祖師谷 そしがや温泉21〜

シェアする

Facebook

まだまだ厳しい寒さが続く昨今。お風呂にゆっくりと浸かってポカポカ温まりたい日が続きますね。改めまして、お風呂俳優・髙﨑俊吾の銭湯日記です。今回は、小田急小田原線 祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩で5分、そしがや温泉21さんに行ってまいりました。

都内23区の中でも世田谷区は、都心へのアクセスがよく閑静な住宅街が並んでいるイメージをお持ちの方も多いかと思います。そんな世田谷区にも銭湯はいまだに多く存在していて、23区の中でも6番目に多くあります。高級住宅地も多くある世田谷区ですが、昔ながらの銭湯も結構あるんですねぇ。

そしがや温泉21さんへの行き方を簡単にご紹介します。所在する祖師ヶ谷大蔵駅へは、新宿駅から小田急線で20分ほど。急行電車は停車しないのでお気をつけください。


改札は一つ、出て右側に進みます。

駅前商店街をそのまま直進します。余談ですが、祖師ヶ谷大蔵という地は円谷プロダクション「ウルトラマン誕生の地」としても有名で、映画・特撮とともに栄えてきました。この商店街はウルトラマン商店街と呼ばれ、イベントやオリジナルグッズの展開もしていたりと、とても楽しい商店街なんです!

商店街をそのまま300㍍ほど進むと、右手に大手進学塾が見えてきますので、そこで左折します。

するとすぐに、そしがや温泉21さんは見えてきます。

3階建てのマンションに併設されているようで、周囲はまさに住宅地。マンションの1フロア分をまるまる使用していてかなり大きな銭湯であることがわかります。


公民館のような入り口を抜けて券売機へ進みます。

このそしがや温泉21さんは、昭和30年創業の福の湯さんを昭和60年に改装し、今の姿に生まれ変わりました。

入湯料は都内一律470円。サウナ付きで700円のチケットが購入できます。こちらはバスタオルとフェイスタオルがセットでついています。サウナ単体のチケットが330円ですので、サウナを利用する方はサウナ付きのチケットを購入する方がお得になります!

下足ロッカーも充実しており、待合ロビーにはステンドグラスが飾られていて、広々としてとても開放的な空間です。

取材日はあいにくロビーにお客さんが多く、写真は公式HPより拝借します。また、受付の方もとても気さくに対応してくださり、とても好印象を受けました。

それでは、脱衣場に向かいましょう!

ロッカーは120箇所以上もあります。また、サウナ利用者は、タオルと一緒にロッカーキーが渡されますので、その番号のロッカーを使用します。銭湯のみ利用の方は、100円返却式のロッカーを自由に利用します。

また、脱衣場には給水機もありまして、自由に水が飲めます。とてもありがたいです。


浴室内はこんな感じです。

カランは29箇所あり、立って利用できるシャワーも5箇所あります。またシャンプーインリンスーとボディーソープは備えついています。

内湯は普通のお湯の浴槽と、天然温泉の黒湯の浴槽2つあります。そうなんです、このそしがや温泉21さんの売りの一つが天然温泉。ナトリウム-炭酸塩冷鉱泉が湧き出しており、効能としては切り傷や火傷、慢性皮膚病に特に効果が高いとされています。浴槽の中にも仕切りがあり、普通の浴槽の方には気泡風呂とジェットバスが2箇所、黒湯の浴槽には気泡風呂と電気風呂があります。温度はどちらも42度ほどと少し熱めですが、今の季節にはとてもちょうどいい!


そしてこのそしがや温泉21さんの二つ目の売りが冷凍サウナ。

あまり聞きなれないこちらのサウナは水風呂とは違い、部屋全体がキンキンに冷やされており、熱った体を冷やすのにとても気持ちがいいです。水風呂が苦手な方にも利用しやすく、とても快適です。

また、ミストサウナもあり、こちらも入湯料のみで利用できます。加湿もでき、肌にもとても優しく温まります。

以上ここまでが入湯料のみで楽しめるお風呂となります。ただ、そしがや温泉21さんのすごさはここからです。

まずはもちろんサウナ。写真がなくてご紹介できないのですが、98度ほどの比較的熱めのサウナで、部屋も広々としています。マックス10人以上は入れそうですが現在は感染症対策で5人までの入室に制限されています。

水風呂は温度計がなくわからなかったのですが、サウナーの勘で16度ほどかなと思います!笑

更にここがすごい!なんと、このそしがや温泉21さん、プールがついているんです!えっ銭湯にプール?どういうこと?と思われる方多いですよね!

長さ10㍍ほどの温水プールは30度近くあって寒くなく、泳ぐこともエクササイズすることもできます。また、ジャグジーもついてたり、ちゃんとプールなんです!これは驚きました。銭湯にきたのに運動までできてしまう、なんと効率の良いことか!軽く1往復泳いでみました。いやぁ、まさか真冬に銭湯でプールに入れるとは、恐るべし、そしがや温泉21さん。


サウナにも入り体も動かし、スッキリ絶頂気分の中脱衣場に戻ると、テラスはこちらという気になる扉を発見。なんだろうと扉を開けてみました。

沢山の観葉植物が置かれ、マッサージチェアも完備された休憩所が出現!なんと脱衣場の中にあるなんて!雰囲気も上品な感じで落ち着きます。


至れり尽くせりの中、お風呂を後にします。お風呂上がりはやはりコーヒー牛乳!自動販売機で120円でした。

またロビーには、紅白にも出場されている純烈さんのサイン色紙が飾られていました!


いつかご一緒できた時には話してみようと思います!

ということで、今回は祖師ヶ谷大蔵駅近くのそしがや温泉21さんにお邪魔してきました。独自の施設やお客さんをもてなすための様々な工夫が盛り沢山で、とっても素敵な銭湯でした。平日の夕方にかけて入りに行ったのですが、それでもお客さんは沢山いらっしゃって、本当に地元の方に愛されていることがわかります。銭湯というあり方が、単なるお風呂に留まらない。スーパー、いやハイパー、いやウルトラな銭湯でした。ウルトラマンだけに、ですかね!笑

是非ウルトラな銭湯に足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回の探索人

髙﨑俊吾 

Twitter:https://twitter.com/shun5tksk1112


記事元

こちらの記事は、キタコレ!で読む事ができます。

キタコレ!を見にいくっ

キタコレ!の記事を読む

\シェアする/