VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2020.04.23

これは、参加する「ミステリー」。

ゲームマスターMくんコラム その6

VVマガジンで細々とゲームコラムを連載中の、

ゲームマスターMくんのアナログゲーム命。

知ってる人は知っている。

知らない人は絶対知らないコラム!!

HPにゆるーーーく進出中。

これは、参加するミステリー。

去年からずーーーっと話題のゲームのジャンルマーダーミステリー」。

海外では、今一番ホットな話題のゲームのジャンルで、

人狼」「リアル脱出ゲームに続く新ジャンルとしても話題のゲームジャンルです。


マーダーミステリー殺人事件をテーマとした参加/体験型の「推理するゲーム」です。


参加するプレイヤーはそれぞれ異なった「設定資料(ドラマの台本のような)」を渡され、起きた『殺人事件』をその殺人事件の現場や近くに残された証拠」や、それぞれの登場人物(役)になりきったプレイヤーとの会話(目撃証言やアリバイなど)」によって『殺人事件』の犯人を推理していくゲームです。


そしてその役によって勝利条件が異なり真相を解き明かすだけではなく、それぞれのミッションをクリアしないといけません。


なぜならプレイヤーが渡された登場人物たちは一癖も二癖もありそれぞれ誰にも言えない秘密を抱えているんです。。


このゲームは決められた人数でないとプレイできないので、メンバー集めが大変な場合もあるかもしれませんが、推理、謎解きが好きな方には、とてつもなくオススメできるジャンルで、ものすごーく面白い。


ただまだまだ日本では一般的に認知されておらずゲームキットも数えるほどしか出ていませんが、その中でも比較的手に入りやすいゲームをご紹介。




それが「何度だって青い月に火を灯した」です。




舞台は20世紀半ば、イタリアのマフィアで起きたある殺人事件が題材です。

ネタバレになるので、何もいえないんですが、終わった後に1時間くらいこのゲームの感想をプレイしたメンバーで話し合えるなど、マジでガチで面白いです。

今年マーダーミステリーが更に盛り上がり、もっと社会現象になると思ってます!

そしてたくさんキットが出る事を願う、いちゲームプレイヤーでした。


そしてなんと、明日4/24には、グループSNEさんから、新作が発売予定。

めちゃめちゃ楽しみデスッ!

今回紹介したゲーム

■ゲーム名
何度だって青い月に火を灯した


■ジャンル

マーダーミステリー


■プレイ人数

6人~7人
(個人的には、できるなら、7人いた方がおもしろい!と思います)

 

プレイ時間
150分
(長いと思うかもしれませんが、本当にあっという間に時間が過ぎます)

 

対象年齢
15歳以上


■ゲーム製作
株式会社グループSNE
株式会社コザイク

雑誌「CUT」連載企画 菅田将暉と仲野太賀の『夢で逢えたら』出張レポ

ゲームマスター Mくんコラム 紹介記事 バックナンバー

関連キーワード

ゲーム
連載

関連記事

もっと見る