VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2020.04.17

こちら○×。敵国△□の機密情報を暗号で送る!

ゲームマスターMくんコラム その3

VVマガジンで細々とゲームコラムを連載中の、

ゲームマスターMくんのアナログゲーム命。

知ってる人は知っている。

知らない人は絶対知らないコラム!!

HPにも遂に進出です。

敵国に気づかれずに、暗号を解読せよ!

「暗号を敵チームに気付かれずに、味方に伝えろ!」


という事で、スパイ暗号ゲームデクリプトの紹介。


『こちら○×の潜入スパイMくん。敵国△□にいるは、先ほど重大な情報を得た。今からその情報送るが、この通信は敵国にも傍受されている可能性がある。暗号で送るので、解読してもらいたい』


という事でやってきました。スパイゲーム


どういうゲームかと言うと、味方の暗号通信役が、暗号を伝えるので、味方チームはその暗号を解読する。

そして、敵チームもその暗号を解読する。というもの。



流れとしては、

まず2チームに分かれ、それぞれのチームが暗号通信役を決めます。


それぞれのチームの前には、4つの単語と、それぞれに対応した番号が見えています。


暗号通信役は、フロッピーディスクカードに書かれた3つの番号をみて、それぞれに対応した単語に関係する「言葉を、書かれた番号順に言います。


この言葉は、対応した単語そのものを言ってはいけません


その単語をイメージ、連想される言葉をいいます。


味方は、暗号通信役が言った言葉を元にどの単語を言ったのか連想して暗号通信役が引いたフロッピーディスクに書かれた番号を順番に答えます


そして、この言葉は敵チームにも公表されます。


味方は協力して敵チームの盗聴した公表された通信内容言葉からどの番号を言っているのか当てます



もちろん最初は当たりませんが、ターンを重ねるごとに連想していく言葉が増えていきます。

そして毎ターン暗号通信役が持ちまわりで変わっていき、誰もが暗号解読できるというのもポイント!


「この時いったこの〇番目の言葉は、今言った〇番目の言葉なんじゃない?」

と、考えて、盗聴を楽しむゲームです。


1ターン毎に、味方と敵の番号の正解発表があります。


敵チームの盗聴に2回成功したら勝ち味方チームの言葉を2回あてらなければ負けとなります。


敵チームには伝わりにくく、味方には伝わるような言葉を考えるのが楽しいこのゲーム。

ゲーム自体は、長丁場にはなりますが、とても楽しく遊べる、それがデクリプトです!

今回紹介したゲーム

■ゲーム名
デクリプト


■ジャンル

スパイ/暗号ゲーム(勝手に命名)


■プレイ人数

3〜8人

(個人的に4人以上がオススメで、8人以上でもできます。)

 

プレイ時間
30分前後

(時間を区切らないと1時間以上かかるので、そこはお好みで)

 

対象年齢
12歳以上


■日本語版製作
すごろくや

ゲームコラム その1「この話は誰かに誘導されている、、」はこちら

ゲームマスターMくんコラム その2「あの子のプライバシーをのぞいちゃおう」

関連キーワード

ゲーム
連載

関連記事

もっと見る