VILLAGE VANGUARD
  • 最新記事 最新記事
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2021.06.25

これさえ押さえればオッケー!ミッフィーのオススメ絵本5選 最新版

シェアする

Facebook

引用-ブルーナの絵本

意外と読んだことない、ミッフィーの絵本

おかげさまで前回のミッフィーの記事は大好評(大嘘)で、調子に乗ってミッフィーもう一回いいですか?


え?まだ読んでない?

そんな人はコチラで読んでね↓↓

「ミッフィーなんとなく好きになっちゃった勢」なアナタに周りと差をつけるミッフィーのトリビア5選

ハイ!読みましたね?


世界で8500万部以上、日本で5000万部以上刊行されているブルーナの絵本。


おお・・・日本で5000万部以上なんですね。

6割占めてますね。

めちゃくちゃ愛されていますね。

みんなミッフィー好きですねえ。


でも、ミッフィーの絵本と言うと、結構種類があってどれから読んだらいいのやら………な方も多いと思います。


そんなわけで、今回はミッフィーの絵本5選!+α

ミッフィー好きだし、そろそろ雑貨以外も……と思ってるそこのアナタ!


いいネタ揃っていますよ。

これさえ押さえておけば、ミッフィーの絵本もなんとなく語れます。


それでは、レッツミッフィー!

①ちいさなうさこちゃん

引用-ブルーナの絵本

まずはコチラ!

記念すべき初うさこちゃん。

(以下うさこちゃん=ミッフィーでお願いします)


ミッフィーの第一作です。

こちらを外すわけにはいきません。



ミッフィーのお父さんとお母さんは「ふわふわさん」に「ふわおくさん」。

そんな二人の元にある日天使が舞い降りて……。


と、ミッフィーが生まれるお話、ミッフィーの誕生秘話です。

今読んで見ると若干シュールな展開。(個人の感想です)


そんなところも含めて、愛されているのかもしれませんね。


とりあえずミッフィー好きはマストバイでしょう。

②うさこちゃんおばけになる

引用-ブルーナの絵本

お次はコチラ。


比較的最近刊行された(と言ってもそこそこ前ですが)本で、おばけに変装したミッフィーのお話。


なんと言っても、現在巡回中のミッフィー展のキービジュアルになっていることがポイントですよね。

最近は雑貨も多数発売されており、この数年で一気に知名度も上がったのではないでしょうか。


かく言う僕もおばけミッフィーは大好き。

普通に雑貨持っています。


この記事のトップ画像にも使ったりと露骨に贔屓しております。(笑)


いや、でも可愛いですよねえ、このミッフィー。

③うさこちゃんとたれみみくん

引用-ブルーナの絵本

続いてはコチラ。


こちらも雑貨が発売されている「たれみみくん」こと「ダーン」が登場する絵本です。


こちらも比較的近年の作品。

ポイントは、多様性をテーマにしていること、と僕は思っております。

いろんなことを考えるきっかけにもなる本ではないか?と思っております。


なんて言うと、言い過ぎでしょうか。

でも良いきっかけになるはず、しかも自然に。


ダーンの気持ちを汲んであげる優しいミッフィーにも注目です。

④ゆきのひのうさこちゃん

引用-ブルーナの絵本

お次は、ゆきのひのうさこちゃん。


雪の日用の姿のミッフィーが可愛らしい本。


ミッフィー展会場限定でぬいぐるみになっていますね。


200万部を超えるロングセラーで、ミッフィーの最初の絵本である「ちいさなうさこちゃん」よりも売れているそうです。


このような季節を感じるテーマの絵本は家に置いておいて、シーズンになった時に読み返すのもおすすめです。

ミッフィーは季節やイベントを感じる絵本も多くて、ついつい買ってしまいます。

⑤うさこちゃんびじゅつかんへいく

引用-ブルーナの絵本

何気にアートにも造詣が深いミッフィー??

こちらも雑貨でイラストが使われている、ミッフィーが美術館へ行くお話の絵本。


美術の入門書的な、というと大げさですが、子供への最初の一冊としてもピッタリな絵本です。

少し読み手が補足してあげれば、アートに興味をもつきっかけにもなるかもしれません。


美術出版社から出版されているマティス、北斎、フェルメールのシリーズは、おそらくここから派生させた本でしょうか。


少し大人なテーマがあることも、ミッフィーが幅広い世代から愛される理由の一つかもしれません。

番外編 ことりのぴーと

引用-ブルーナの絵本


ミッフィーではなくて、ディック・ブルーナさんのミッフィー以外の作品になってしまいますが、最後に一冊ご紹介。


ことりのぴーとは2021年5月に出版されたばかりの出来立てほやほやな絵本です。

勿論ブルーナさんは亡くなっているので、完全な新刊ではなくて、未翻訳だった絵本ですが。


鳥なのに羽を1枚も持っていない小鳥のぴーとのお話。


ブルーナさんの描く鳥も勿論魅力ですが「たれみみくん」と同じく、今の社会にも通じるものがある内容です。


ミッフィー以外のブルーナさんの絵本はなかなか揃ってる書店も少ないのですが、今なら置いてる書店も多いと思いますので、是非こちらも手に取ってみて下さい。

雑貨は勿論、絵本もよろしくね

ざっくりですが、ミッフィーのおすすめの絵本を紹介しました。


とは言え、ミッフィーの絵本は30冊以上出版されているので、まだまだ紹介しきれていません。


ことりのぴーとの様なミッフィー以外の著書もいれるともっとたくさん。

未翻訳も入れるとさらに多いのではないでしょうか。


絵本自体はそこまで高額でもないので、毎月1冊集めるのも楽しいですね。


やっぱり雑貨だけではなくて、原作も読んでる、持ってるってポイント高いですし。

なんのポイントかわかりませんが。(笑)


機会があればミッフィーの絵本、読んで見てください。

今回:ブルーナの絵本をご紹介

①『ちいさな うさこちゃん』

④『ゆきのひの うさこちゃん』石井桃子訳、

②『うさこちゃん おばけになる』

③『うさこちゃんと たれみみくん』

⑤『うさこちゃん びじゅつかんへいく』

番外編『ことりのぴーと』松岡享子訳

すべてディック・ブルーナ文・絵/福音館書店

【ディック・ブルーナ グッズコレクション】
開催中!

本が好きなどこかの店長。

本が好きでこの会社います。

あと鳥とカレーも好きです。

なんとか本をなんとか出来たら良いな。

\シェアする/