VILLAGE VANGUARD
  • 最新記事 最新記事
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2020.12.12

あいしあお。《10分で振り返るアニメ『ハイキュー!!』その1》

シェアする

Facebook

         

 \祝/完結!

大人気バレーボール漫画

ハイキュー!!のアニメを

10分で振り返る!



最終巻である『ハイキュー!!』45巻の発売おめでとうございます!もう1か月が経ちましたね。たくさんの人たちの人生を変えた『ハイキュー!!』かくいう私もその1人です。

どう変わったかって?泣きながらジャンプ読んだり、泣きながらアニメをリアタイしたり、泣きながら一番くじを引きに行ったりするようになったことですか。……情緒が狂わされていますね……


ただいま4期となるアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』第2クール放送中です。『ハイキュー!!』が好きな人も今から履修する人も、前シーズンを復習してもっと TO THE TOPを楽しもう!ってことで10分で振り返ります。無理ゲーでは?無理します。彼らの軌跡を辿りましょう。

※ネタバレ・個人の感想を大いに含みます※


頂の景色

__目の前に立ちはだかる 高い高い壁


その向こうは どんな眺めだろうか


どんな風に 見えるのだろうか


全国 春の高校バレー 烏野高校の試合中継に映しだされた「小さな巨人」。小柄でありながら敵選手よりも高く飛ぶ背中に憧れを抱き、ひとりでバレーを始めた主人公日向翔陽は中学校3年の時に初めて試合に出場します。この助っ人を集めた即席チームと戦うのは「コート上の王様」影山飛雄が所属する優勝候補チーム北川第一。影山は天才的な実力と技術力、勝利への執着心を持ち合わせていることから、チームメイトに対してムチャブリなトスを上げるようになりチームで孤立してしまいます。日向のチームは北川第一に惨敗。そして北川第一も決勝で敗れてしまいます。


“独り”でバレーをやってきた日向翔陽と“独り”でバレーをしようとする影山飛雄。烏野高校に入学し再会した2人でしたがなかなか相容れません。しかし中学時代に「自己中の王様 横暴な独裁者」と呼ばれトスを拒絶されたトラウマを抱える影山に対して、日向は「おれにとってはどんなトスだってありがたいトスだ」と影山を救い上げます。


おれはどこにだって跳ぶ!

どんなボールだって打つ!だから


おれにトス 持ってこい!


そして影山は、日向が持つその小柄さに備わった反射・スピード・バネに特化した運動神経を活かす方法を見出します。長身の選手に高さで劣るなら、1センチを 1ミリを 1秒速く、てっぺんへ。“変人速攻”と呼ばれるその攻撃で、日向と影山、2人だからこそ壁は切り開けるのです。合言葉はそう



信じて跳べ


絵心はとうの昔に捨ててきました


vs音駒高校

全国を目指す烏野高校まずはインターハイ予選突破を目標に練習を開始します。そんな中東京の古豪 音駒高校との練習試合が決まります。前監督からのライバル同士であり、ネコvsカラス“ゴミ捨て場の決戦”因縁の再戦です。

日向影山コンビが持つ“変人速攻”とは、目を瞑った日向が飛んだ場所に影山が寸分の狂いもなくトスを上げるという神技速攻です。しかし音駒の1年犬岡の俊敏なブロックにより日向影山の変人速攻が止められてしまいます。圧倒的レシーブ力を誇る安定感、音駒の脳セッター孤爪研磨の戦略により厳しい試合を強いられます。熟練された多彩な攻撃力と完成された守備力、ボールを落とさなければ決して負けることはない、ボールを“繋ぐ”音駒と、変人速攻が止められてもなお試合中に更なる跳躍を見せる烏野。こうして好敵手となった両校は次は公式戦で“ゴミ捨て場の決戦”再リベンジを誓うのです。

vs伊達工業高校


ついに負ければ次はない公式戦インターハイ予選開始、飛べないカラスがもう一度飛ぶ復活劇へ。1回戦常波高校との試合に勝ち進んだ烏野は2回戦“鉄壁”伊達工業高校との試合になります。伊達工業は強烈なサーブで崩し確実にブロックで仕留める、ブロックに特化したチームでありまさに“鉄壁”。日向たち1年が入学する前、遡ること3か月前の試合で強靭な鉄壁に烏野は惨敗、エース東峰は徹底したマークに心を折られていました。ブロックとは相手が取るはずだった1点を一瞬で自分たちの1点にする、相手の心を折り味方の士気を高める、高く 速く 広く 最強の防御で最速の攻撃。そんな鉄壁に対して烏野は“最強の囮”がエースの前の道を切り開き、エースの背中を押すヒーロー西谷がスーパーレシーブを繰り広げます。

すごい!!ここのシーンはすごいぞ!!!個人的ベストプレーランキングつけるなら入賞します!!!試合中会場がいちばん盛り上がる瞬間はスーパーレシーブが上がる時!!!エーススパイカーの強さはチームの根底にあり。こうして“伊達の鉄壁”も打ち破り2回戦突破します。


vs青葉城西高校➀


そしてインターハイ予選3回戦、影山の先輩にあたる及川徹率いる青葉城西との試合開始。1期いちばんの見どころの試合です。あらかじめお伝えしますが、私は青葉城西推しなので今までと異なる描写があることをお許しください。すまんの。アニメで「かっこいいよぉ~~~~~;;及川しぇんぱい~~~~~~~~;;」と言っている女の子が出てきますね。私です。試合を見に行った覚えがあります。

さあ、及川徹が所属する青城の統率たるやすさまじいもので、チームの1人1人に対してベストなトスを上げスパイクのような強力なサーブを持ち、技術力 観察力 戦略力 経験力 コミュニケーション能力、すべての総合力がナンバーワンの選手でもあります。チーム内の実力を引き上げる能力に長けた及川に指揮された青城と差が縮まらない烏野。

TVアニメ『ハイキュー!!』ベストエピソード第10位

及川徹は有等ではあるが天才ではない。

それでも今の段階でセッターとして優れているのは及川。

影山は3年の控えセッター菅原と交代します。影山という天才セッターが現れてから、常に試合に出た時のシュミレーションをして作戦を練ってきた菅原。篤実なプレーでリズムを変え青城に食らいつく烏野。そして勝つためにもう一度影山がコートに立ちます。差を詰めていく烏野に「渡さねえよ!!」とスパイクを打つ青城のエース 岩泉一。かっこいいですね……

この及川岩泉は幼馴染でありまさに“阿吽”の呼吸。及川の強さは努力の賜物で、白鳥沢学園“怪童” 牛島若利に負けてきたことへの反骨からでした。そして中学の時に背後からきた“天才”影山飛雄の出現による焦りは及川の心を蝕みます。今のままでは勝てない 俺は全国に行きたいんだ!俺がもっとやらないと、と言う及川を岩泉は頭突き。「バーはコートに6人だべや!6人で強いほうが強いんだろうが ボケが!!」…阿吽……;;そうです。6人の力を掛け算しなくては試合には勝てないのです。

日向影山のブロードも対策がとられ苦しい展開が続く烏野は流れを変える1本を求め、ピンチサーバー山口を投入。プレッシャーと緊張感が充満する中でジャンプフローターサーブを放ち、点にはなりませんでしたが烏野の流れを確実に変えます。最終セットのデュースまで点を取り合う攻防戦が続き青城そして及川の力量を目の当たりにしますが、影山にはちゃんと強い烏野のみんながいる。“脱・孤独の王様”となった影山は前を向きます。


TVアニメ『ハイキュー!!』ベストエピソード第6位

急速に進化する日向影山。しかし烏野は青城に敗北を喫します。全てが最善だったプレーでも敵わないものがあります。どうにもいかいないことがあります。しかし負けは弱さの証明ではありません。強くなるための試練です。この後烏野のメンバーは一緒にご飯を食べるのですが、このシーンで涙腺がぶっ壊れてしまう…。烏養コーチは「ちゃんとした飯を食え」とよく言います。ご飯を食べることはその日の経験を明日への糧に繋げていくことだと思います。いい経験でも悪い経験でも明日上を向くために。舞台「ハイキュー‼」で見たこのシーンも忘れられません。みんなしっかりご飯食べましょうね。私もな。ちなみにアニメのこの原画は「千と千尋の神隠し」の作画監督をされた安藤雅司さんが関わっていらっしゃいます。「千と千尋の神隠し」も千尋がおにぎりを食べてボロボロ泣くシーンが印象的ですよね。

烏野に勝利した青城でしたがまた決勝で白鳥沢の力に敗れてしまいます。「ハイキュー‼」の“負け”の描写が私は大好きです。誰しもが経験する敗北を丁寧に描きます。やるせない青春の焦燥感を抱きつつも少年たちが成長していくさまは、私たちの手を引いてくれますね。こうして日向たちはまた更に成長をするための練習に取り組みます。


独りでは 決して見ることのできない景色


でも 独りでないのなら、


見えるかもしれない “頂の景色”___




烏野高校バレー部が目指す次の目標は、東京 オレンジコート “春高”の舞台です。

レッツゴートーキョー‼

インターハイ予選敗北後、3年生も春高まで残ることになった烏野バレーボール部。東京の音駒高校の計らいで合同練習のために東京遠征することが決定します。同時期、みんな大好き烏野3年美人マネージャー潔子さんは新規マネージャー勧誘を始めます。3年生卒業後、来年も再来年もみんなが練習に集中できるように。ああ潔子さん…清廉潔白だ…… そうして見つけた村人B、谷地仁花ちゃん。マネージャーが2人になり、いよいよレッツゴートーキョー!

合同練習に参加する高校は烏野高校

サーブこそが究極の攻め 生川高校

まさにコンビネーションの匠 森然高校

とにかく拾って繋ぎ反撃のチャンスをうかがう 音駒高校

全国を戦う大エース擁する強豪チーム 梟谷学園 計5校。

とにかく梟谷をアニメで観れることがうれしくて楽しみで楽しみで!アニメリアタイしてたのですが、梟谷紹介の時の「あかーーしぃ!!」の声を聞いた時たるや……

大感謝のあまり溢れましたね… 涙が…。きむりょありがとう…

あと大地さんと黒尾がタメ口でしゃべっているところがあ゛ーーーーー!!ってなります。同級生…。


さあ、格上だらけの合同練習で烏野は何を得るのか。どうすれば進化していけるのか。コートにずっと立ち続けるにはどうすればいいのだろうか。

「今のままではダメだ。」日向は変人速攻の時に目を瞑るのをやめる、と影山に言い放ちました。春高予選までにできるかできないか分からないことに時間を費やすより着実にレベルアップしていく方が堅実だ、という影山に対し、やってみなければできるかできないかなんて分からない、と言います。大きく成長するにはどちらを選ぶべきなのでしょうか。現状のままではダメだという気持ちは2人とも同じだというのに。自分たちに置き換えるとどっちも正しいなら楽な方に安定の楽な方に、と思ってしまいますが『ハイキュー‼』のみんなはすごい!2人は各々の練習で新しい“何か”を探し求めていき、烏野の選手たちもまた新しい武器を求めて練習に励みます。常にバレーボールの挑戦者たちです。

そんな中、「まじめにやったってたかが部活だし」と思っていた月島は、音駒高校主将の黒尾と梟谷高校主将の木兎から自主練に誘われます。きました。第3体育館がね。好きじゃろう、みなよ。チーム内全員がライバルになるような張り詰めた空間での練習が続き、月島の様子を心配する山口は、ツッキーは身長も頭脳もセンスも持っているのにどうしてこっからは無理って線引いちゃうんだ、と訴えます。


絶対に1番になんかなれない!どこかで負ける!それが分かってるのにみんなどういう原動力で動いてんだよ!


そんなもん!プライド以外に!何がいるんだ!!

TVアニメ『ハイキュー‼』ベストエピソード第4位

才能の限界なんかわからなくても、それでも上を目指さずにはいられない。月島は第3体育館へ行きます。「なぜバレーを続けるのか」という月島の問いに木兎は、悔しくて練習しまくって自分の力が120%発揮されて結果が出た時の快感が全て。

その瞬間があるか、ないかだ。

…カッ…カッケェ~~~~~!!!!すきだァ!!!

こうして月島も少しずつ歩み始めていきます。センキュー第3体育館。ラブだぜ。

音駒高校にも長身の1年生 灰羽リエーフが入部していました。ムチのようにしなやかな腕が放つスパイクが特徴的な発展途上くんです。

そんな第3体育館では、日向 月島 木兎 赤葦 黒尾 リエーフで自主練中。高身長組の中で戦わなくてはならない日向は木兎はリバウンドを教わります。落ち着いていれば、戦い方は見えてくる。そして必殺技を伝授してもらいます。

TVアニメ『ハイキュー‼』ベストエピソード第5位

合宿最終日、何度も練習試合を重ねても1セットも取れなかった梟谷との試合です。夏合宿の間、影山は変人速攻の時に“止まる”トスを出せるように練習を積んでいました。この速攻はトスの最高打点でボールの勢いを殺す、日向のスパイクに選択肢が増える“新しい変人速攻”です。烏野チームの歯車ひとつめ、新しい変人速攻が成功が初めて成功します。

TVアニメ『ハイキュー!!』ベストエピソード第8位

木兎から直伝された“必殺技”のフェイント、リベロ西谷のトス、多方向から複数のスパイカーがスパイクモーションに入る“ファーストテンポのシンクロ攻撃”などだんだんと進化が形になっていきます。

対する梟谷は、全国5本の指に入るほどの強大なスパイカー 木兎の調子がなかなか上がりません。キター!木兎しょぼくれモード!気分屋さんなので… かわいいわね…。全国常連の梟谷は大エースがチームを引っ張っていっている、というよりは他のメンバー全員で木兎を引っ張っているチームでした。木兎が決めても決めなくても梟谷が優勢なのは変わらない、全員が優秀なプレイヤーです。赤葦のツーアタックの真下に一生いたい。

おいしいところはくれてやる。だから…

さっさと復活しろ!エース!

とうてぇ~~~~!!!とうてぇ。梟谷尊いな。結果、練習試合は梟谷の勝利に終わります。

こうして強豪たちにもみくちゃにされ、けれど確かな技術と戦略を手に入れた烏野は春高予選突破 県優勝の壁に立ち向かいます。

次回!春高予選に続くよ!

ということで次の記事は春高予選~春高1試合目までを予定しています!え?10分で振り返るんじゃなかったのかって?だれが“1記事で”つったよ!次回は最愛のチームががんばって戦うので見届けてあげてください。次こそ勝つでしょう。


そしてそして!12/4(金)18:00~12/13(日)23:59まで『ハイキュー‼』とヴィレッジヴァンガードのコラボグッズを「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」にて受注販売中です!超人気イラストレーターのヒョーゴノスケさんによるかわいらしいイラストが物欲を掻き立てますね!

『ハイキュー!』グッズ詳細はコチラから


TVアニメ『ハイキュー‼ TO THE TOP』2クール目も絶賛放送中!いよいよクライマックスの稲荷崎戦。彼らの飛躍を見届けましょう!



うちのオカンが私のことを

“あいし”と呼ぶからです。


好きなものがありすぎて死の人

でもあんぼむちゃんしか勝たん。

Uncle Bombしか勝たんのじゃ。

\シェアする/