VILLAGE VANGUARD
  • 最新記事 最新記事
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2021.08.11

ヴィジュアルバンドが絶対通る道の先にいる、それが清春。

シェアする

Facebook

そう、それは今なお止まることをしらない
バンドマンなら誰しもがあこがれる存在。


それが・・・・・・


清春なのである!!!



清春の華麗なる歴史『黒夢』

彼は数々の名曲と共に歩み、一生輝き続け

現在とても姪を可愛がっている日本一カッコいい叔父さんです。


そんな彼のバンド人生の中で一番最初に語るべきバンド

それが

『黒夢』


1991年に岐阜県を拠点として、ex.GARNETの清春とex.GERACEEの臣を中心に

GARNETで一緒に活動していた人時、鋭葵と共に「黒夢」を結成。

そして1994年、25歳でメジャー・デビュー


代表曲は【少年】、【BEAMS】など。

そんな黒夢の伝説は

1997年から1998年にかけて約230本のライブをしていたこと。


週4でライブな上に、日本中回りまくってって・・・


いやロックすぎるだろ。


なんぼライブすんねん。かっこよすぎんか?

ライブへの情熱が本当に熱い、熱すぎる!!


だがそんな黒夢も1999年1月29日に無期限活動停止を発表。

当時は相当な衝撃を受けただろう。

そして無期限活動停止から丸10年の2009年、一夜限りの復活と同時に解散ライブを決行し

黒夢の終焉を迎える。


いやもう泣ける。

逆にご飯3杯食べれる。






清春の華麗なる歴史『SADS』

黒夢活動停止後、すぐさま始動したのが

この世代の方で知らない人はいないだろう。


『SADS』

 


SADSときいて、今の若い世代は知らない人も多いかもしれないが

まず一番に思い浮かべるは、この曲。


TBS系の「金曜9時」枠で放送された日本のテレビドラマ
『池袋ウエストゲートパーク』主題歌


『忘却の空』



こちらは清春自身が再録したものだが

再録も原曲も雰囲気が違い

それはそれはとてもいい!!!!


同じ人が歌っているのに

こんなにも雰囲気が違って聴ける事は少ないだろう。


う~ん、尊い。まじで。


話がそれたが黒夢活動停止後すぐさま始動しているが

いや、だからなんぼロックやねん。

ライブに生きてライブに死んでいくって

こうゆう事なんだろうなぁ…と思います。


ドラマの視聴率も高かったこともあり

ここから一気に知名度は急上昇!


そのあとは、ライブのSEでお経流したり

やっべぇパフォーマンスなどあり非難もあったが

2004年にギターの脱退により事実上の活動停止。


その後未発表の曲をソロ活動で発表などの動きから見て

ファンも無期限活動停止かと思っていたところ

2010年に活動再開を本人ブログで発表。

もうこれは本当に


おかえりーーーーーーー!


って感じでした。

しかし2018年に活動休止発表。


SADSよ、永遠なれ



一旦、愛が止まらなくて語りきれないので

続きはまた今度、お話しますね。

そして現在のバンド好きの人たちに伝えたいこと

最近のバンドマンでよくみる

ボーカルが真ん中で歌う際にあるお立ち台。


ライブハウスやフェスなどでもステージの真ん中にある

ちょっと盛り上がってるお立ち台です。


あれ実は清春が一番最初にやり始めたって知ってます?


今やバンドマンは絶対あそこに乗りますよね?
真ん中で歌いますよね?

あれは清春に憧れたバンドマンたちが真似をして

今やかかせないものになってるんですよ!

え、すごない?


日本のロックを語るなら

清春は外せないって思いません?
まじの土台から作っちゃった人って感じですね。


みなさん、清春さんの凄さ伝わりましたか?
もう頭に入らないのであれば
これだけ覚えておいてください。

クッソイケメンの尊いおじさん(52歳)


です!!!!(笑)




では愛を語るのはこの辺でおしまいにして
もっと知りたい方は、どっぷりこちらの世界にようこそ。

そして、またこちらの世界で会いましょう。

メタルからクラシックまで

音楽食わず嫌いなそのへんの人。


音楽とモンスターエナジーあれば

ごはん何杯でもイけちゃう。


\シェアする/