VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

メディア情報

2018.06.08

【コラム】ロボットに触れる!乗れる?~ロボット公園訪問記~

【コラム】ロボットに触れる!乗れる?~ロボット公園訪問記~

[PLACE]

スポット名:王子六丁目児童遊園

所在地 :東京都北区王子6丁目2ー1


[PERSON]
<今回の探索人>

・ちよこDOM:

『アイドルハンバーガー部』の部長を務める、アイドルグループ・DOMDOMPATTYの大きい方。好きなものは、水木しげる先生、落語、グループサウンズ、ハンバーガー、紅茶中国茶、外食、灰色、散歩など。歯茎と言う名のヘビ(♂)を飼っています。別グループ・Mash Berryのサポートメンバー・MCMとしても活動中。

https://twitter.com/J_chiyoco


・ななこDOM:

右目の下にある三角形のほくろが特徴的な、アイドルグループ・DOMDOMPATTYの小さい方。好きなものは、バンド、アイドル、睡眠、カフェオ、甘いもの、お笑い、部屋の隅、お風呂。ドラムを少々叩きます。

https://twitter.com/NANACO_DOM


・DOMDOMPATTY公式twitterhttps://twitter.com/domdompatty


<カメラマン/ライター>

・Ian McEntire:

PIGPILE RECORDS代表、バンド、カメラ、放浪、ライター。


東京・北区にある王子駅。2012年に発生した火災で、残念ながらその大半が焼失してしまった呑み屋横丁『さくら新道』でもお馴染みの街です。


歩道橋と首都高速中央環状線が交わる溝田橋交差点。大都会・東京の交通網を象徴するように首都高と都道が上下に交わり、歩道橋もまた、X字を描くように配置されている点が特徴的なこの交差点は、道路マニアの諸兄ならば思わずグッとくるところ。ひとまず、目的地を目指して歩きます。

テレビ東京系のバラエティ『モヤモヤさま~ず』で紹介されたこともある、街角にある喫茶店『街角』。せっかくなので立ち寄ろうとしたものの、残念ながら既に閉店。その往時は、ピラフやサンドイッチといった定番系喫茶メニューから生姜焼きまで幅広いメニューを提供していたようです。

…ようやく、『王子六丁目児童遊園』に到着。駅からそこそこ歩いた場所にあります。おのずと探索人のテンションも上昇気味に。

園内に設置されたこの遊具から、この『王子六丁目児童遊園』は通称『ロボット公園』と呼ばれています。背後に設置された塩ビトタン塀のカラーリングも絶妙です。

ロボットでありながらも、その背後に聳え立つのは『王子住宅』という団地。通常のロボット作品では、ロボットよりも団地の方が小さく、場合によっては秒速で踏み潰されてしまったりもするのですが、こちらは逆のスケール。団地好き、遊具好きの双方が楽しめるスポットでもあります。

内部から。憧れの(?)ロボット内部に乗り込めるのは嬉しいところです。意外とその内部はシンプル。かつて東ドイツで国民車として親しまれたトラバントを彷彿とさせる、荒削りでシンプルな構造です。

今度は外から。脚もなかなか可愛いのです。その特徴的なカラーリングはあの『鉄人28号』をどこか彷彿とさせます。

2本伸びた腕のうち、右手は階段、左手は滑り台という実に興味深いもの。言わずもがな、一般的なロボット作品においては、まず間違いなく見ることができない構造です。

砂場があったので、思わず童心にかえって棒倒しタイムへと突入する探索人たち。

都内でありながらも、なぜか共産圏?のテイストを感じるロボット公園でした。

記事元

こちらの記事は、キタコレ!で読む事が出来ます。

キタコレ!を見にいくっ

関連記事

もっと見る