VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2020.10.11

ためにならない!ビレバン風POP講座

こんにちは。


ヴィレッジヴァンガード本店のスタッフです。


いつもこの、「ためにならない!ビレバン風POP講座」を


ためにならないにも関わらずご覧いただき、


ほんとうにありがとうございます。


今回は、当本店の店長・ツイッターの中の人であるS店長の方から


直々にPOPの極意・本質をご教授いただきましたので、


是非ごらんください。

ためにならない!ビレバン風POP講座

ツイッター中の人 独占インタビュー


あのPOP。

皆様覚えていらっしゃいますでしょうか。


このヴィレヴァン本店の代名詞とも言えるPOP。


ツイッターを通して、一躍全国に本店の名を轟かせたきっかけとなるPOPです。



忘れもしない。2019年11月3日。

午後1時2分投稿。

私が出勤前にツイッターを

いつもどおり確認すると、

タイムラインにこんなツイートが。


「え?」と、私は2度、目を疑いました。

フォローしていない本店の

アカウントがなんで?と、

このいいね&RT数なに?と。


「バズってるやん。」

(11.1万いいね3.1万リツイート)



あれから約1年。


当時のことを、投稿者本人であるS店長に聞いてみました。

(◆:私、○:S店長)



◆:「これはもともとなんの商品ですか?」


○:「たぶん、ハロウィン用のかざり?」


  「安いし、ハロウィン別に関係なくカゴ盛りにして置いておけばいいかな?


   って思って。」


◆:「確かに、飾れる用に穴も小さく開いてますもんね。」


  「(一見何の変哲もないただの安いガイコツがあんなにバズるなんて...)」

 

  「じゃあ、S店長は、この商品を見て一体どのタイミングで、こういったPOPの内容を


   思いつかれるんですか?」


○:「こういう、何の役にも立たない商品のPOPはいい加減であればあるほど良いので、


   深く考えずに。というか。」

○:「「売上が悪いから閉店にする」などと口にしたヴィレヴァン本部の人たちはこちら」


   というPOPを最初考えたけど、もう少しシンプルな方が良いな。と。


◆:「これはS店長しか知りえない制作秘話...!


   私も上司から、”シンプルに・短く・毒を吐く”といったことを教わっていたので、


   これは、ルールに縛られない我々ヴィレヴァン店員の中での、


   POPを描くうえで知らず知らずのうちに大切にしている、


   ある種、ルール・鉄則みたいなものなんですかね。」


  「しかし、なぜあんなにバズったと思いますか?」


○:「なんであれだけあんなにバズったんだろうね?とりあえず


   ツイッターに上げるネタなかったからコレでも上げとこ。


   くらいの普通のテンションだったんでむしろ困惑した。」


◆:「ですよね(笑)」


  「でも、ツイッターのリプ欄見てると、”店長安すぎ”、”下のさりげない一文が好き”


   とか。


   結構勢いでRT、という感じではなく、


   ちゃんと全部を見てトータルで判断してるんだなー。


   って。いやでも、私はずっとS店長の書くPOPを見てきて、面白いし好きだったので、


   今回も、僕が普段思っているような感じで”イイね!”してくれたんだと思います。」


  「ちなみに、バズってからお客さんの反応はどうでしたっけ?」


○:「バズったけど、思ったよりガイコツは売れなかった(笑)


   あんだけ反応あったらめちゃくちゃ売れると思って、買い占める勢いでめちゃくちゃ


   仕入れたら、そうでもなくて、在庫まだあります。」


◆:「そうだった(笑)」


  「いやー、ガイコツだけで数百個入荷してドラム缶に山積みにしてましたねー。


   それより、多店舗からの問い合わせはめちゃくちゃあったのを覚えてます。


   ”どこから仕入れできますか?”とか。まあ、うちが在庫ほぼ買い占めたんで


   多分あの時、日本中のガイコツがヴィレヴァン本店に集まってたと思います。」




S店長おきにいり。

◆:「本店の中で、お気に入りのPOPはありますか?」


○:「んー。(しばらく熟考して)


   ”矛盾してるよ!”ってツッコまずにいられないじゃない。こんなの。


   ”お客様の声代表”くらいのつもりで。


   お客さんが心の中で”いいツッコミ”ができるような内容がコレ。


◆:「たしかにこれ見たときは。ツッコミとともに、”おぉ~”ってなりました。


   昔上司に、”POPを描くときはマンツーマン感が必要だ。”って言われて、


   すごい納得できたんですよね。お客様がPOPを読んだときに、


   ”自分の為だけにこのPOPを書いてくれてる”と思う内容だと、


   なぜか買いたくなる心理になるというか。


   このPOPもそれに近しいものを感じます。」




こだわり。

◆:「ちょっと私の中でS店長の書いたPOPでお気に入りがあるんですけど、


   紹介していただいてもいいですか?まずこれ!」


○:「これ、値段以外書くことないじゃん、こんなの。


   つまんないからなんか書いてやりたくて。本当はアルフィーさん


   の写真をPOPに貼りたかったんだけど、勝手にPOPに写真使うのは


   肖像権の問題とかでアウトなんで、このPOPの為だけに


   後ろのアルフィーのスコアブック注文しました。」


◆:「最初この楽譜入荷したときなんかの間違いかと思ったら、


   S店長なにかPOPを書いていて、あ、そーゆうことか、と。


   ダジャレというか、これはだれがどう見ても好きなPOP。


   このアヒル売れてますもん。」



POPを書くS店長。


こだわりー?

◆:「あとこれ!!!!こんなPOP書けるのは全国どこを探してもS店長だけ!」


○:「故人になってしまいましたけど、内田裕也さん何度か店に来てくれて、


   対応したことがあって。ほんとプライベートでもあの人あのままで(笑)


   いつかイクラ系の商品にコレを書きたいなーと機会を伺っていたので、


   ”ついに来た”みたいな。」



  • ジ・アフィルー

  • シャケのベイベ

最後までご覧いただきありがとうございます。


いつかこのS店長のPOPを集めた画集を出版したいと思います。


それくらい評価されてもいい方だと思ってます。


皆さんもぜひ、本店へ足を運ばれた際は、


この名物S店長のPOPを探してみては?


それでは。


超番外編


↓「ためにならない!ビレバン風POP講座」中の人はコチラ。

本店スタッフ。歴8年。

身長172センチ。体重50キロ。

好きな食べ物はオムライス。

好きなジョージアはエメマン。