VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2019.05.21

異端の漫画家・沖田×華先生がものすごくフレンドリーにいろいろ話してくれました。

このインタビューは2018年11月25日発行vvマガジンvol53に掲載された記事の転載です

NHKでドラマ化もされ話題となった、女性看護師が主人公で“生命の誕生”をテーマにした漫画『透明なゆりかご』を描く沖田×華先生。

彼女のさらなる才能が、現在『週刊ビッグコミックスピリッツ』にてシリーズ連載中の、“終末期病棟”を舞台とした『お別れホスピタル』にて炸裂している。

そんな、“生と死”について繊細に描く沖田先生はどんな人なのか…? 直撃してまいりましたー!

──まず、先生のプロフィールをお聞きしたいのですが。

「富山県出身なんですが、近隣の金沢市にもヴィレヴァンがあって。昔はしょっちゅう行ってましたね、立ち読みしに(笑)」

──はあ! ありがとうございます!

「コミックビーム系の漫画がすごく好きだったので、カネコアツシさんの作品とかを集めるようになって、読み物を中心に何かを見つけられる場所として重宝していました。

もちろん、気に入った本やCDがあれば買っていましたよ。

そうそう、ヴィレヴァンで買ったジャズ系のCDにすごくハマッていた時期もあって。

何てアーティストだったかな…なんとかマユミ…、う~ん、忘れちゃいました(笑)。

当時の金沢店は何でも図書券で買えるとか、面白い店だな~と思っていました(笑)」

──(いきなりのヴィレヴァンにまつわるエピソードに、ほっこりしつつ)いや、先生のチャーミングな笑顔に緊張がほぐれました。

「え!? 私なんかに緊張してたんですか?」

──そりゃ、そうですよ。昨夜も作品を読み返して、何回泣いたか。それを描いたご本人が目の前にいるわけですから。

「(ちょっと照れながら)ああ…ありがとうございます」

──さて、先生はドラマ化もされた『透明なゆりかご』で講談社漫画賞を受賞されたわけですが、その時のお気持ちは?

「いや~、どっきりかと思ってました(笑)」

──いえいえ、当然の受賞だと思います。

私はあのような漫画を待っていました(熱弁)! 

そして、さらに勝るとも劣らない力作『お別れホスピタル』をシリーズ連載中なわけですが…

「私、昔、看護師をやっていたんですね。

で、“ゴミ捨て場”と呼ばれる終末期病棟の話を当時の同僚に聞いてみると、すごいドラマがいっぱいあって。

これは漫画にしないといけないと思い、描き始めたんです。

『透明なゆりかご』の沖田は名前の通り、私自身がモデル

ですが、『お別れホスピタル』の辺見は誰がモデルというわけではないんです」

──辺見さん、かわいいですよね。

「沖田はかわいくないですかね(笑)?」

──あ、いやいや、沖田さんもかわいいです!(焦って)…沖田さんが漫画を描かれるきっかけは何だったのでしょう?

「看護師って、キャバクラなどで副業をしている人が結構いるんですよ。

で、私は看護師を辞めた後、風俗で働いていたんですね。

そこの待機所で、その辺にあったダンボールにお客さんのことを漫画にして描いたのがきっかけですね」

──そ、そりゃまた、すごいきっかけですね(笑)!

「同僚の風俗譲たちもゲラゲラ笑うわけですよ。それで味をしめたと言うか(笑)」

──リアリティー溢れる先生の作品の魅力は、そこが原点なんですね(笑)。

「そうかもしれないです(笑)。いや、映画などでも半分事実に基づいたような作品が好きなんですよ。

『ゴッドファーザー』とか『仁義なき戦い』とか」

──また、アグレッシブな路線きますね~(笑)。

「私、ゲッツ板谷さん(※コラムニスト)と仲がいいんですが、彼がしきりに、私がまだ観たことなかった『ロッキー』を勧めてきた時期があったんですよ」

──アハハ! また、今更。

「観たんですけど、まったく入りこめなくて。

エイドリアンみたいな女性に、なんでロッキーはあんなにゾッコンなのかと(笑)」

──ギャハハ! そこですか。

「外国人男性の好みって、よくわからないですよね」

──いや、日本人男性から観ても、あのキャスティングはよくわからないですよ(笑)。

話は代わりますが、沖田さんは、趣味はありますか?

「う~ん、趣味と言えるのかわからないですが、サウナに行くくらいかなあ…」

──なるほど。サウナ、最近はブーム化してますよね。

やりたいことがなかったら、とりあえずヴィレヴァンに行くですかね(笑)

…さて、話を戻しまして、漫画家としてのデビューはどういった経緯だったのでしょう?

「今の彼氏は東京に住んでいる漫画家で、ある縁があって知り合ったんですね。

でも、その時は前の彼氏と名古屋で同棲していまして。

で、東京に行って漫画家になったほうが面白いな~と思って、どう別れ話をしようかと。

その元カレはメンタルが弱くて、ショックなことがあると食欲が激減するので、コ●イチの大盛りカレーを腹いっぱい食べさせてから別れ話をしました(笑)」

──アハハ!『お別れコ●イチカレー』ですな。

「それから東京に行って、先ほど話した風俗で見たお客さんをモデルにした4コマ漫画でデビューしたんです」

──なるほど。そういった意味では『お別れホスピタル』は“看護師から見た患者”という客観的な視点で描いているという意味では、近いですかね?

「ああ、そうかもしれません。

しかも、元同僚からの話を元に描いているので、さらに客観的と言うか。

新興宗教にハマッた患者【カルテ2 清井聡助さん】の回なんかは『なるほど~、そういう人もいるんだ』と、思いながら描きました」

──そういった“大人になってから直面するかもしれないリアル感”も、この漫画の魅力だと思います。

さて最後に、ヴィレヴァンの主なお客さんである10~20代の若者たちへメッセージを!

「う~ん、やりたいことがなかったら、とりあえずヴィレヴァンに行くですかね(笑)。

最初に話したとおり、私もいろんな本に出会って学んだので。

特に今の若い女の子は、あまり夢がない人が多いのかなと感じていまして。

ヴィレヴァンじゃなくても、どこかに発見はあるはずです。

かと言って、個人的にはバックパッカーになっての“自分探しの旅”はあまりお勧めしないかなあ。

別にインドなどに行ったからといって、何かが変わるわけではないと思うので(笑)」


想像していた以上に、ざっくばらんで、あっけらかん。そして繊細なお人柄でした。

そんな沖田先生のお話は、ご自身の作品同様、裏表も嘘偽りもない真摯な言葉ばかりだと感じていただけたはず。

未読の読者の皆さんは、まず先生の作品を手に取ってみてください。

いろんな意味で泣けます!!

(取材・文/山崎光尚 撮影/宮城夏子)

1979年生まれ。『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』など、自身が抱える発達障害を題材とした作品もあり、『透明なゆりかご』で大ブレイク。

『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて、『お別れホスピタル』をシリーズ連載中。


関連記事

もっと見る