VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2018.07.20

【殿プロデューサー自らレビュー!】プロレス戦国時代 群雄割拠 其の三 開催!

昨年開戦したこの『プロレス戦国時代  群雄割拠』。


8月に開催した群雄割拠其の一はまさにプロレス地方物産展!

様々な団体が選りすぐりの提供試合で各々の団体の色、選手のキャラクターの面白さを存分にアピールしまくった。

昨年12月の群雄割拠其の二では殿佐々木貴が用意した天下統一を意味する天下統一幟旗を巡りトーナメントを開催。

見事、沖縄琉球ドラゴンプロレスが優勝し、幟旗を沖縄の地に持ち帰った。


そして、今年。

8・6(月)『プロレス戦国時代  群雄割拠其の三』では、

沖縄(琉球ドラゴンプロレス)対大阪(道頓堀プロレス)の

天下統一幟旗争奪戦が組まれているのに加え、

過去の群雄割拠で存在感を示して来た若武者達を選抜。


其の一、其の二では試合に出場せず、本部席から高見の見物を決め込んでいた殿・佐々木貴がついに思い腰を上げ、若武者選抜軍の前に立ちはだかる!

殿の両脇を固めるのは、沖縄琉球ドラゴンプロレスのグルクンマスクと栃木イーグルプロレスの吉田和則。

いずれも団体を背負い己も闘う一国一城の主。


他にも、みちのくプロレスBADBOY(東北)、なにわ☆凡女美ーナス(大阪)、タコスパ(大阪)など、東京ではなかなか見られないユニットも群雄割拠初登場!


ますますの加熱化と戦場の広がりを見せるこの『プロレス戦国時代  群雄割拠』、力ずくで新時代の扉をこじ開けようとする新鋭は現れるのか!?


出でよ!  戦国乱世の若武者たち!


プロレス戦国時代  群雄割拠其の三、いざ!  開戦!!


群雄割拠、みどころはココ!

◇天下統一幟旗争奪6人タッグマッチ 琉球ドラゴンプロレス対道頓堀プロレス

美ら海セイバー、首里ジョー、ヒージャーキッドマン vs TORU、三原一晃、織部克巳

※琉球ドラゴンプロレス天下統一幟旗、初防衛戦


群雄割拠其の二で開催された『国別対抗  国獲り合戦トーナメント』を制し、日本全国天下統一の証、天下統一幟旗を沖縄の地に持って帰った琉球ドラゴンプロレス。

今回その琉球ドラゴンプロレスにトーナメント準決勝で破れ、天下統一を逃した大阪・道頓堀プロレスが挑戦表明。天下統一幟旗争奪戦を行うこととなった!

ここで注目すべきは、両団体共に団体トップ選手ではなく、これからを担うであろう若い選手達を選抜してきたところ。

互いの国の威信を背負い、若い力を爆発させ、天下統一幟旗を我が国に持って帰るのは果たして沖縄・琉球ドラゴンプロレスか?大阪・道頓堀プロレスか?

◇殿方対若武者“下剋上”群雄割拠6人タッグマッチ

佐々木貴、グルクンマスク、吉田和則 vs 香取貴大、ライジングHAYATO、木下亨平

これまでは高見の見物を決め込み、本部席から試合を眺めていた殿、佐々木貴が
『其の一、其の二で殿をわくわくさせてくれた若い衆とぜひ闘いたい!』とついに其の三にして初のリング登場!

盟友とも言える琉球ドラゴンプロレス・グルクンマスク、イーグルプロレス・吉田和則との40代団体代表殿方トリオを結成し、イーグルプロレス・香取貴大(19歳)、愛媛プロレス・ライジングHAYATO(19歳) 、ダブプロレス・木下亨平(21歳)の群雄割拠・参加団体若武者選抜軍と対戦!

群雄割拠内世代闘争!    親子ほど年の離れた新鋭達との真っ向勝負!

一国一城の主としての強さを殿方軍は見せつけたいところ。

◇FREEDOMS(unchain)対ダブプロレス6人タッグマッチ

竹田誠志、葛西純、吹本賢児 vs 谷嵜なおき、"brother"YASSHI、近野剣心


FREEDOMS対他団体対抗戦として組まれたこのunchain対ダブプロレス。

ダブ代表でもあり、unchain所属でもあるグンソは今回自らこの闘いから身を引き、ダブから谷嵜・YASSHI・近野の3人を選抜。

unchainとダブの対抗戦となれば6人が6人共会場狭しと大暴れするに違いない!  いろんな意味で目の離せない闘いになりそうだ。

◇FREEDOMS(ロス・ノマダス)対みちのくプロレス(BADBOY)6人タッグマッチ

ビオレント・ジャック、ミエド・エクストレモ、シクロペ vs 拳剛、Ken45°、卍丸


群雄割拠の中にあって毎大会異彩を放っているのがメキシコ勢、ロス・ノマダスの存在。そんな彼らの相手として今回群雄割拠に初登場するのがみちのくプロレス、BADBOYの3選手。

ここまで日本各地にプロレス団体が派生したのも、みちのくプロレスの成功があったから!そんなみちのくプロレス勢がついに群雄割拠に初参戦!

デスマッチ、ハードコアを得意とするノマダス相手でもBADBOYは一歩も引かない闘いを見せてくれるはず。

ヒールユニット同士の大乱戦に期待!

◇なにわ☆凡女美ィーナス対チームでらタッグマッチ

<救世忍者>乱丸、ハイビスカスみぃ vs 高井憲吾、グランパショマスク4号


群雄割拠プロデューサー佐々木貴が『大ファンだから』という単純な理由でオファーしたのが、この乱丸&みぃのなにわ☆凡女美ーナス。

とにもかくにもいついかなるどんな時だって闘う気が全くない二人!

そんな凡女美の相手をするのが群雄割拠で迷勝負を連発している高井&グランパショマスクのチームでら勢。

群雄割拠ではすでに独自の存在感を発揮しているチームでら。今回の試合もとんでもない迷勝負製造機っぷりを発揮してくれることだろう。


◇FREEDOMS対がむしゃらプロレスシングルマッチ

杉浦透 vs 陽 樹


6/2に開催されたFREEDOMS北九州大会で、杉浦透相手に一歩も引かないぶつかり合いを見せ、試合後に杉浦にシングル対決を要求した陽樹。

にらみ合う二人を見て、『じゃあ、群雄割拠でやれ!』とその場で即決した佐々木貴群雄割拠プロデューサー。あまりの展開の早さに『あっ、いや…  まずは予定を見ないと…』と社会人レスラーとしての一面を露呈してしまった陽樹。

そのスケジュール調整もどうやらうまくいき、晴れて群雄割拠参戦が決定!

その時に発した『社会人レスラーをナメるな!』の言葉通り、杉浦からの勝ちを本気で狙っている。鍛え込まれた肉体とコンディションの良さには目を見張るものがあり、文字通り杉浦が『社会人だから…』とナメた態度を見せれたりすれば、足元をすくいかねないだけの実力は持ち合わせていると思う。

◇ダムズ&DEWA&紫焔イケメン群雄割拠タッグマッチ

進祐哉、愛澤No.1 vs 正岡大介、政岡純


群雄割拠其の一、其の二でも存在感を発揮したホスト系レスラー、愛澤No.1。   今大会ではダムズが誇るイケメンレスラー、進祐哉を進No.2として脇に従え、イケメン<ホスト>タッグを結成!  

果たしてこの日、進が発するシャンパンコールが聞けるのか!?

また、正岡大介と組むプロレスリング紫焔・政岡純は群雄割拠初登場!

こちらも負けず劣らず関西系正統派イケメンレスラー。試合が終わった頃、あなたのハートを射止めているのは果たしてどの選手なのか!?

◇FREEDOMS対PAZZLEプロモーション&新台湾プロレス6人タッグマッチ

マンモス佐々木、GENTARO、平田智也 vs 闘魚、戦熊、ヘイセンバーグ


群雄割拠其の三にも海を渡って台湾勢が参戦    其の二でも良い動きを見せていた闘魚(とうゆう)、戦熊(ざんしょん)のPAZZLEプロモーションの兄弟タッグが団体の垣根を越えて新台湾プロレス、ヘイセンバーグとトリオを結成!

がっちり身体を鍛え込み、レスリング主体の闘いを見せる彼らにとって、マンモス佐々木、GENTARO、平田智也は最高の相手。この試合をきっかけに日本対台湾、ストロング路線闘争開戦なるか!?


◇FREEDOMS対タコスパタッグマッチ

神威、ドラゴン・リブレ vs タコヤキ―ダー、アルティメットスパイダーjr


オープニングマッチは群雄割拠初登場となるタコヤキーダー&アルティメットスパイダーjr、略してタコスパの二人 。

関西を主戦場にしている彼らの試合を東京で見られることはあまりない、キレッキレのダンスに軽快な動き、さらに関西ノリなトークも炸裂!    

対戦相手はダムズが誇るマスクマン二人。オープニングから踊って、動いて、しゃべりまくって盛り上がること間違いなし!

試合詳細

『プロレス戦国時代 群雄割拠其の三 ~出でよ、戦国乱世の若武者たちよ!~』


2018年8月6日(月)

東京・後楽園ホール

モバダムズ会員先行入場17:55

一般開場18:00

試合開始18:45

今回も、観戦チケットプレゼントー!

8/6(月)後楽園ホールにて開催される
『プロレス戦国時代 群雄割拠其の三 ~出でよ、戦国乱世の若武者たちよ!~』観戦チケットを、
2組4名様 にプレゼントします!

■応募方法
①Twitterヴィレヴァン公式アカウントフォロー
②下記のツイートをRTして

③応募完了!

※当選発表は、当選者へのTwitterDMにて代えさせていただきます。


■応募期間

●2018年7月20日(金)~8月1日(水)

※当選者には、TwitterDMにてご連絡いたします。



会場にて、ヴィレヴァンコラボグッズ販売中!

観戦していて汗をかいたら、

今大会から新発売のFREEDOMS × ヴィレッジヴァンガード

コラボタオル(2,000円(税込))を!

応援のし過ぎで喉の調子がおかしくなったら、

プロレス技ドロップを!

観戦のお土産、職場の人には、

流血の湯、墨汁の湯の入浴剤など。


選手兼代表の佐々木貴が「自由FREEDOM(フリーダム))を、その手に」をキーワードとして設立。自由奔放なデスマッチ性に加えて、1つの興行で様々なスタイルの試合が見られることも、団体名の由来となっている。
ヴィレッジヴァンガードとのコラボによる「エクストリーム商品企画部」も展開中。

過去のFREEDOMS記事

関連記事

もっと見る