VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

商品情報

2019.04.17

アメコミが好きすぎるヴィレヴァンスタッフが教えるマーベル作品を120%楽しむ方法。

※この記事は2018年5月25日発行のVVmagazine vol.47に掲載されたものです。

僕がアメコミを読み始めたのは小学生の頃、『SPAWN』というイメージ・コミック社から刊行されているダークヒーローのフィギュアに付いてきた付録冊子が始まりでした。そこから今に至るまでアメコミを読み続けています。


それはそうと、今マーベルの実写映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が熱いですよね! アイアンマンをスタートにMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)が始まって10年の集大成。つまり! 10年観続けてきた作品が1つの区切りを付ける瞬間なんです!


今作を100%、いや120%楽しむためにマーベルについてちょっとアドバイスをします!


まず、多くて大変ですがMCU作品を全て観ておくのは大事です。(もちろん『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』だけでも大傑作です!)さらに! アメコミ原作を読んでおくとGOODです。でも、どこから読んでいいのかわからないし、敷居が高そうと感じるはず。確かに歴史の深いマーベルは、今まで数えきれない作品を生み出してきているので最初から読もうとしたらキリがない…。なので、邦訳されていて読みやすく、かつ1冊で読み切れる作品を紹介します!

オススメその1 『インフィニティ・ガントレット』

現在公開中の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の原作コミック。1冊読み切りで、インフィニティストーンについて細かく載っています『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』からマーベル作品に入ったなら読みやすいはず!

オススメその2 『シビル・ウォー』

MCU作品『キャプテン・アメリカ:シビルウォー』の原案コミック。これはサイドストーリーなども含めると沢山ありますが、ひとまずこの1冊で完結します。ヒーローコミックでは珍しいヒーロー同士の対決なので、若干暗い内容ですがとても読みやすいです。

オススメその3『アルティメッツ』

MCU作品『アベンジャーズ』の原案。映画の設定にとても近い内容で、『キャプテン・アメリカ』『アイアンマン』『ソー』が好きなら間違いなしです! 1冊読み切りですが、『アルティメッツ2』も刊行されているので、気になった方は是非読んでみてください。

国内で邦訳されているマーベルコミックは、割と原書の1~5巻を収録とかで最後まで出てないことが多いです。もし自分で作品選びする場合はそこに気をつけてもらえると読みやすいと思います。映画、コミックを通して自分の好きなヒーローを見つけて楽しいアメコミライフを送ってください!


書いた人

ヴィレッジヴァンガード町田路面店スタッフ 上家良介さん

(掲載当時)

記事元

こちらは、ヴィレッジヴァンガード公式フリーペーパーVVMagazine vol.47に掲載された記事です。

VVMagaizne vol.47をもっと知る!

関連記事

もっと見る