VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2020.07.25

サウナーの聖地【草加健康センター(通称SKC)】での幻の体験記

草加健康センターで起こった幻の体験

これは、埼玉県在住VVスタッフが経験した夢の様なサウナ体験である。


仕事中、店のツイッターのDM通知がなった。


<草加健康センターからDMが届いております。>


草加健康センター!?


担当者は重度のサウナー(サウナ好きを総称してそう呼ぶ)でありホームサウナ(いつも行くサウナ)の草加健康センターには週1で通う程である。


草加健康センターとは

全国で約7000店舗以上あるサウナがある施設をまとめたサイト【サウナイキタイ】での

サ活(行った感想を書き込む様なもの)投稿が全国1位で唯一10000件を超えている名実ともに認める全国1のサウナ施設である。

http://www.yunoizumi.com/souka/


通常は24時間営業だが、当面のあいだは短縮営業で

【営業時間】朝10:00~深夜2:00
【入浴時間】朝10:00~深夜1:30 / 朝風呂 5:00~7:30

となっているのでもしこの記事で興味を持った方は気を付けてほしい。

※その代わり入館料がかなりお得になっているのでこの機会に通いつめてほしい!

そんな草加健康センターからのDM内容がこちらである。


【ヴィレッジヴァンガードさんにご提案がありご連絡申しあげました。ご迷惑でなければお時間頂戴できますと幸いでございます。】

もちろん秒速で返信をした。


やり取りを重ねていくうちに


【よろしければ草加健康センターで一度お会いできませんか?(サウナで)】


(サウナで)の意味があまりわからなかったが、コラボ企画を願っていた担当としては願ってもいない言葉に、草加健康センターとの打ち合わせより大事なものなんて何もない!の気持ちで「いつでも大丈夫です!」の返信をした。


【7月9日の23時からでよろしければちょっとしたプライベート空間にできるのですがいかがでしょうか?】

こうして2020.7.9 SKC(草加健康センターの略称)訪問が決定した。

【第一章】2020.7.9 SKC訪問

2020年7月9日 22時30分 SKC到着


1人で行くにはなんだか怖かったので店のサウナ好きの店長とスタッフも半強制的に連れていき3人で来店


副支配人の木村さんに出迎えてもらい23時の閉店時間までの間雑談


サ活投稿1万人超えの祝福と、SKCの素晴らしさSKCがいてくれてありがとう。というずっと伝えたかった気持ちを直接お伝えし

木村さん自身もサウナーだというお話に。

やはり、最高のサウナはサウナ好きから生まれるものなのだという事を再確認しつつ


本来の目的でもあった、SKCからの提案とはなんと


ヴィレッジヴァンガード×草加健康センターのコラボ企画

の夢の様な提案だった!!!


僕が勤務しているのは、SKCからも車で30分程の距離にある+PLUSイオンレイクタウン店という店舗である。

当店では担当がサウナーという事もあり、店内にはそこそこ大きくサウナコーナーも設置している。


そのコーナーのPOPに小さく

【担当のホームサウナは草加健康センターです。】と書いており、そのPOPをみたSKCの支配人様がDMを送ってきてくれた。との事


こんな奇跡ありますか!?

なんか、もう自分の一番好きな物を勝手にコーナー作ってPOP書いたら想いが届いたんですよ!!


SKCとのコラボグッズなんて世界中の人が喜ぶに決まってる。

個人的にラッコちゃんのパーカーとかあったら絶対にほしいんですけど、皆さんどうなんでしょう?

ラッコちゃんステンレスボトルとかもいいですね。サウナ後に冷たいオロポとかラッコちゃんボトルで飲みたい。


そんな話もしつつ、これから色々と話し合って最高のコラボを是非ともやりましょう!!

と話も終わり


では、今日はありがとうございました!と帰ろうとすると木村さんから衝撃の一言が


「閉店時間の23時から皆様の為にプライベートサウナを準備しておりますので、是非とも楽しんでいってくださいね!」



そう、僕が草加健康センターで起こった幻の体験とは

草加健康センターの貸し切り

だった…

PLUSイオンレイクタウン店

サウナコーナーのPOP


下の方に小さく【草加健康センター】の文字が

※SKCに見つかったら勝手に店の名前使うな!って怒られると思ってた。


このPOPを書いている時は、この後SKCからDMが来るなんて信じられない奇跡が起こるとは

夢にも見ていなかった。

23時 ついにSKC貸し切りのスタート


誰もいないロッカー室

誰もいない施設内

誰もいない外風呂

そして、誰もいないサウナ室・・・


誰の声もしない。ジェットバスの音だけが響き渡る静まりかえったSKCで「あぁ…本当にこの日が来てしまった」と感慨深い気持ちに


ふとサウナ室の入り口に目をやると

・SKC名物真っ赤な大うちわ

・大量の氷とアロマ

・氷がぎっしりつまったクーラーボックス


この3種の神器が準備されているのを見て思わず顔がほころぶ


そして、その横におもむろに置いてあるブロワー

SKCを少しでも知っている人ならこのブロワーが何を意味するか分かるだろう。


そして、このブロワーが置いてあるという事がどんなに奇跡的なことか。


緩くなった表情を少し戻しながら洗い場に向かい今から始まる埼玉にて日本最大級の4尺玉の花火が打ちあがる【こうのす花火大会】をゆうに超えるであろう最高の祭りに胸を躍らせながら身を清める

ブロワー(送風機)とは

羽根車の回転運動によって気体にエネルギーを与える機械で、単位質量当たりのエネルギーが 25 kNm/kg未満のものをいう。 単位質量当たりのエネルギー25 kNm/kg は、標準空気の場合の送風機全圧約 30 kPa に相当する。

【第二章】SKC貸し切り入浴

少し急ぎ足に身を清め終わり逸る気持ちを抑えながらSKCの第一の名物

薬湯風呂に入浴


独り占めの薬湯・・・普段は必ず数人いる薬湯で手足を広げ全身で薬湯を感じる


これだけでも今日という日に全身全霊で感謝したい気持ち。


少し時間も経ち、薬湯ならではの【チンピリ】を感じ薬湯の強烈な香りに後ろ髪をひかれつつ心の中で

「どんな年代物のワインでも到底及ばない最高の香りをありがとう」

と感謝の言葉を述べ


いざ戦場のサウナへ!

・・・と言いたいところだが焦るばかりにいつものローテーションをくずすわけにはいかない

効仙薬湯

長年の研究が活きる生薬のお風呂

長い年月で培ったノウハウとたゆまぬ研究により8種類の生薬を独自配合し作り上げた薬湯風呂。

薬草を入浴に最適な状態に配合。この薬湯は1日に数回『湯もみ』をしており、常に一定の濃度と鮮度を保っている。

神経痛・冷え性・関節痛などの症状を緩和する効果がある。

次はお隣の高濃度炭酸泉風呂


SKCの炭酸泉風呂は知る人ぞ知る隠れた名水


通常、病院などで治療に使われる炭酸泉の濃度は1,000ppm以上が目安になっている。

高ければ高いほど効果を発揮するという炭酸泉。

SKCの炭酸泉はなんと脅威の『1300ppm』以上!


これも全ては炭酸泉の吹き出し口を3つというこだわりが生み出した産物

薬湯で広がりきった毛穴に炭酸泉が入り込み

38℃という低い温度でありながらものの数分も入っていられない


【体の芯から温まる】

という言葉は今後SKCの

薬湯→高濃度炭酸泉の時しか使用しないで頂きたい。

高濃度炭酸泉

病院でも導入されている高濃度炭酸泉

炭酸が体に入り込むことによって様々な効果や効能が科学的に証明されているお風呂。

近年では病院でも導入されており、炭酸ガスの効果により血流の促進、血圧改善などがみられます。脳梗塞の予防効果や心疾患・皮膚疾患などの治療にも幅広く利用されている。


※薬湯→高濃度炭酸泉の順に入ると初めての体験が出来るので是非ともSKCに行った際は試してほしい。

【第三章】貸し切りのSKCサウナ

そして待ちに待ったメインのサウナ室へ向かう


この日は7月9日

二日前には織姫と彦星が年に一度の再開を果たしたこの世界で僕はサウナ室の扉と念願の対面を果たす。


体の水滴を丁寧に拭き、前日夜遅くまでかかって作ったオリジナルのサウナハットを頭にかぶりいざ扉を開ける


一面に広がるサウナマットと誰もいないサウナ室

もう、この段階で僕はかなりの満足度を得ていた。

・・・あれ、いつもより温度が低いのか?

ふと温度計に目をやると3段目の温度は97℃を示していた。


普段であれば100℃を超えるのも当たり前のSKCのサウナ室

今日は温度計が少し控えめだ


しかし、さすがのSKCサウナ

高出力ガスヒーターと遠赤ヒーターの2基構成で

天井が高く、広いこのサウナ室でも温湿度のムラのないサウナ室が実現できている。


そのままじっと5分が経過する。

少し温度が低いとは言えさすがのSKCサウナ。全身から汗が吹き出る


ガチャ・・・!


僕たちしかいないサウナ室の扉が急に開いた


そう、

レジェンドSSKさんの登場だ

SSKさんとは

サウナ室の番人としてSKCのととのいを守り、その飽くなき探究心により、日夜「サ道」を極めんと進化を続けているSKCのゴッドファーザー(佐々木さん)


SKCがSKCであるためにSSKが存在するのである。

SSKさんが気になる方は、是非とも【ラッコ新聞2019年3月号】を読んでいただきたい。

http://www.yunoizumi.com/category/racco/

ふとSSKさんの手元を見るとバケツにはいった大量の氷が


「いい汗かいてますか?あれ?少し温度が低いですね」


おもむろにサウナストーンの前に立ちこれでもか!という程氷を投げ込む


じゅわっ・・・!

高温をまとったサウナストーンは氷という水分に歓喜の声をあげ大量の蒸気をサウナ内に放出する


そう、サウナ室内の温度が少し低かったのはこの為であった。

急激に温度をあげるサウナ室。瞬間的に汗が全身から吹き出る。


静かに目をつぶりサウナストーンの声に耳を傾けていると目の前に気配が

満面の笑みで両手に真っ赤な特大うちわを持ったSSKさんである。その姿に思わず


「鬼・・・?」


の声がもれる


その姿どこで買ったのかわからないほどの特大うちわで第一弾のロウリュが突如始まった。


優しい・・・


風が優しい。そう、これこそがSSKさんの風である。


挨拶代わりの風を受け1セット目のサウナが終了

サウナ室から出て水風呂に向かいふと温度計に目をやると脅威の【12.9℃】

普段14℃付近が多いSKCの水風呂。だれも入らずにしばらくたつとここまで水温が下がるそうだ。


よくサウナはレストランに例えられる事が多い


①前菜

②メインディッシュ

③デザート


サウナをよく知らない人はサウナがメインディッシュだと考える人がほとんどだろう。

だが、サウナー達のメインディッシュは

水風呂

である。


水風呂に入る為にサウナに入る。そう断言するサウナーも少なくない


①前菜→サウナ

②メインディッシュ→水風呂

③デザート→水風呂後の休憩


これがサウナという高級レストランのフルコースだ。


水風呂を制するサウナこそがサウナを制する。

それほどまでに水風呂は重要なのである。


水の温度・水のキレ・水風呂の深さ・水風呂の質


各施設すべての水風呂にそれぞれの良さがあり、それぞれの特徴がある。


SKCの水風呂はなんといっても地下水かけ流しの常時15℃以下。そしてなんといっても注目の

羽衣はがしのバイブラ

である。


水風呂の説明をし出すとここから5000文字ぐらいかかってしまいそうなので割愛させて頂くが、とにかく言いたいのは

SKCの水風呂は全国でもトップ級の素晴らしさ

という事である。


そんな最高の水風呂にかけ水をし入浴。

かけ水の段階でもう最高の感覚に包まれる。


水風呂にはいり、ついつい心の底から声がもれる。

…最高だ


気持ちよさについつい長く入ってしまいがちだが、あまり長く入ると体が冷えすぎてしまうため30秒程水風呂を堪能させて頂く。


水風呂からあがり吸い込まれるように椅子へ着席

目をつぶり、30年間生きていてよかった。3日前に誕生日だった自分にとってかけがえのない最高の誕生日プレゼントをSKCはくれた・・・

ストップ坊や

汗を流さずに水風呂に入る不届きものを監視している。


サウナ後は水風呂に入る前に必ずシャワーで全身の汗を流すか水風呂に置いてある洗面器で汗を流してから入ろう!

かけ水をせずに水風呂に入るのは重罪であり、そのまま水風呂に沈められてもおかしくない行為である。

その時、突如そよ風が体を伝う


そう、SSKさんは”ととのい”までの全ての行程にコミットするプレイングマネージャー


サウナ室で地獄の熱を送っていた特大の赤い団扇

それを外で使用する事で自然のそよ風を再現しているのである。


椅子でクールダウンする僕たちにSSKさんはそよ風を常に送ってくれていた。

僕たちはSSKさんのこの優しさにこたえる行為はただ一つ。ありがとうの言葉ではない。

そう、目をつぶり、ととのいを感じる事だ。



ととのうってなに?という人は

2019年に世界中のサウナーを震撼させ、伝説のドラマとなった

【サ道】を買ってみるか、お近くのヴィレヴァンに行って原作の

タナカカツキ先生のサ道を買って読んで頂きたい。

https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37/



SKCではととのう事を【たて揺れ】と表現しているそうだ。

僕たちはSSKさんの風を受け安らかな時間を過ごした。


サウナが恋しくなってきた。


その気持ちが2セット目のスタートの合図


サウナ室の前にはSSKさんと木村さんの姿が

SSKさんがおもむろに言葉を発する


「今日は私にロウリュをさせていただけると聞きました。今からの2セット目はブロワーロウリュを。そして、3セット目はお楽しみのロウリュウをさせて頂きます!」

待ちに待ったブロワーロウリュ



と、その前にまずはロウリュの説明を軽く


ロウリュ

ロウリュとは、フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つ

熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、体感温度を上げて発汗作用を促進する効果がある。

サウナストーンに掛ける水には、アロマオイルなどが加えられる。


また、その蒸気をタオルなどを振り回し、ほどよい熱風をかけて一気に汗をだしていただくプログラムを【熱波】【アウフグース】という。

ロウリュとは、このロウリュ→アウフグースの一連の流れをまとめて表す言葉で使われる事もある。


もっと詳しく知りたい方は

【日本サウナ熱波アウフグース協会】のHPを見てみよう!!

http://neppa.jp/


SKCでは、そのロウリュが4種類もあるのもサウナーから絶大な支持を受ける一つの要素である。


【第四章】遂に始まるブロワーロウリュ

ブロワーロウリュ

皆様には聞き覚えの無い言葉だと思いますが、SKCをホームサウナとしている人の中ではこの言葉だけで思わず汗が出る言葉である。



聞いたところによると、自粛期間中と現在行っているサウナナイトではロウリュは行っているがうちわのみでブロワーは使用していないらしい


正真正銘の3か月ぶりのSSKさんのブロワー


「久しぶりだから言う言葉忘れちゃったなぁ(笑)」少し笑いながらも、サウナ室が僕たち3人だけでもしっかりとした説明は欠かさない。

「今から行うロウリュとは、フィンランド語で・・・・・・・」

サウナストーンに水をかけながら説明が続く。


サウナ室内にはアロマの香りと熱気が立ち上がる


その熱気をブロワーで拡散しながら説明が続く。サウナ室内はSKCでしか体験できない熱さまで温度を上げていった。



「普通はタオルで風を送るのですが、当店では絶対に人に向けてはいけないこのブロワーを使用して皆様の体温を急激に上昇させます。」

お決まりの言葉に懐かしさを感じる。


「最初の2回は5カウントずつ、この両手で持ったブロワーで皆様に風を送ります」

「そして、最後の1回は皆様の気が済むまで、もうやめてくれ!というまで風を与えます!」

はじまるブロワーロウリュ

爆風ロウリュ

100℃を超える室内をブロワー2台で風速80mの爆風を届けてくれる。

全世界で唯一無二、湯乃泉グループだけのスペシャルロウリュ


火傷を起こしそうな程の熱に途中退出者も多く出る地獄のロウリュ

「いーっち、にーーーい」お決まりのスロウなカウントと共に100℃を超える爆風が体を駆け巡る


自粛期間でSKCのロウリュが中止になってから早3か月程…

これがまた体験できる日をどれだけ待ちわびただろう・・・

目から流れ出そうとする涙を爆風が一瞬で蒸気に変えてくれた


1セット目の爆風が終了した。


乳首が取れる


この感覚こそが爆風ロウリュである。


ここで出口付近で見守ってくれていた木村さんからアドバイスが

「手をグーにして交差して脇の下にグーを挟んでください。これで乳首を守る。これがSSK攻略法です。」

なるほど。

「では2セット目です!行きますよ!!いーっち!にーーーい!」

攻略法とはなんだったのか。


乳首の代わりにグーにした手が焼けるように痛くなる。SSKさんの攻略はそんなに簡単にいくものではなかった。


次は最後の3セット目だ

「では、3セット目は私SSKと木村の4台によるブロワーで気が済むまで風を送ります!もう無理なら手を挙げてください!」

4台のブロワーで送られる爆風


2台から単純に2倍になっただけではない想像を超える熱が浴びせられる

数秒して「もう限界だ・・・」と思ったその時。


「木村くん!僕たちカウントし忘れてるよ!!最初から行きますよ!!いーーっち!!にーーーーい!」


SSKさんは楽しんでいる。5カウントが終わり火傷しそうな程の体の熱が全身を駆け巡る

3人のブロワーが終了した。

「おかわり希望の方はいらっしゃいますか!?」


火傷手前の100℃を超える爆風をこれ以上受けたい人がいるわけがない。


そんな事を考えながら僕はなぜか手を天井高くまで上げていた


おかわりまで堪能した火傷寸前の体で水風呂まで走った

全身から汗が噴き出していて、かけ水をいつもより入念に行い全身の汗を洗い流し12.9℃の水風呂に飛び込む

もう死んでもいい

そう思えるほどの気持ちよさ


これが爆風ロウリュの熱さに耐えた者だけが与えられるサウナ最大の恩恵だった。

全身に現れるあまみ。


最高の2セット目が終了した。

水風呂

SKCの魅力を語るうえで欠かせないのがこの水風呂

常時15℃ 地下水掛け流し。
羽衣はがしのバイブラ付きの水風呂。
しかもロウリュイベント時は、サウナ室内温度に応じて水温を下げてくれる最高の所も。

【第五章】利き風

どれぐらい時間がたったのか

ふと目を開けると静かな世界が流れていた。


はじまるロウリュウ2セット目。SSKさんがバケツを持ちサウナ室に再登場。


「よく利き酒。というものがありますよね。今日は皆様に利き酒ならぬ利き風を体験してもらいます。」

「1回目はうちわで。二回目はタオルで。そして、最後にブロワーで3種類の風を体験してもらいます。」


SSKさんのアウフグース・・・!?

思わず聞いてしまった。

「SSKさんがタオルでアウフグースをする事なんてあるんですか!?」と。

「ほぼないですね。たまに遊びでやるぐらいなので」


幻のSSKさんのアウフグースが体験できるとは夢にも思わなかった。

サウナストーンにアロマ水をしずかにかけ、まずはうちわでの優しい風。


心地よい熱さだ


そして、2回目はSSKさんのタオルでのアウフグースの時間

しっかりと目に焼き付け全身で受け止めようと両手をあげ構える。


ふわっふわっ…


それは静かに寝ている赤子にタオルケットをかぶせるほどに優しいタオル使いだった。

優しい風を受けているとSSKさんの顔色が変わった


パンっ!!!!!


最後に全力で振り下ろされたタオルから強烈な熱波が送られた

SSKさんのアウフグースは


優しさのSSKと恐怖のSSK。いつものロウリュでも感じられるSSKさんの二面性が現れた独創的であり、それでいて完成された時間だった。


そして本日最後のロウリュであり最後のブロワー

SSKさんから木村さんにバトンタッチされ、木村さんがブロワーをもってサウナ室に入室。

「本日はこれで最後です!もう、いやという程浴びてください!途中で水風呂にいっても大丈夫です!存分にお楽しみください!」

最後のブロワーは最初から全開だった。

5カウント→5カウントが終わり最後のブロワーに差し掛かる時にサウナ室の扉があいた

そこには上半身裸のSSKさんが

おもむろに2段目にこしかける。


夢にまでみたSSKさんとのサウナが実現した。


最後のブロワー。このブロワーが終わったら次はいつ味わえるかわからない。


1か月後かもしれない。


3か月後かもしれない。


半年後かもしれない。


1年後かもしれない。


そんな思いで、悔いの残らないブロワーを受けた。

約10カウント。もう無理だ!!


でも、まだまだ終わりたくない。水風呂に走り乳首の代わりに火傷しそうになった手を水風呂につける。


「・・・おかわりを・・・お願いします。」


再度サウナ室に入り第二ラウンドが始まる。


心行くまで堪能したブロワー

人生でダントツで最高だったサウナが終わった。

訪れたととのい。いや、たて揺れ

それは、今までに味わったことがない程長い時間。そして深いたて揺れだった。




最後にSSKさんと木村さんに感謝の気持ちを伝えSKCを後にしようとすると木村さんより

「こちら、支配人よりプレゼントになります。中には薬湯の元となる救養草がはいっております。是非ともご自宅でも草加健康センターを体験して、またいらしてください。」


と20包入りの救養草の入った袋を頂いた。


ありがとう。サウナ

ありがとう。草加健康センター

こうして、夢のような1日に幕を下ろした。

最後に

こんな最高の施設である草加健康センターとヴィレッジヴァンガードがコラボ企画を計画中です!


どんなグッズが作りたいか…

どんなグッズがあったらほしいか…

そんな情報をお待ちしております!!


あなたのその発想が

草加健康センター×ヴィレッジヴァンガード

のコラボ企画につながるかも!!!


お問い合わせや商品の提案は

ヴィレッジヴァンガード̟+PLUSイオンレイクタウン店

ツイッターDMまでどしどしお送りください!!


そして、なにより。この記事で伝えたい事はただ一つだけ

みんな草加健康センターに行こう!!

ヴィレッジヴァンガード̟+PLUSイオンレイクタウン店 ツイッターアカウント

最高の体験をさせてくれた草加健康センター