VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2020.04.27

「あつまれ!ヴィレヴァンの店」

みなさんこんにちは。



外出自粛中の今、おうち時間いかがお過ごしでしょうか。


いわゆる#stayhome ってやつです。



チクショウやることない暇暇暇暇、まじ廃人なんだが~。



とか思っている方も多いのでは。



実はわたしもその一人。

テレワークまじ闇なんだが~。とか言っています。そんなこんなで過ごしている日々。



もうそろ店で働きたくね?

(切実)


っていう想いが積もりに積もって………………



あつまれ!

ヴィレヴァンの店

作っちゃった!

これは最近大人気のゲーム あつもr…では…?と思われる方もいるかもしれないし、いないかもしれない。

いやしかし「あつまれ」しか被ってないからね、うん。


今回は初のプレイヤーとして、
ヴィレヴァンの毒舌鬼こと
フロントリバー・カノンさんをお出迎え!

フロントリバー・カノン(以下F):

「ごきげんよう。フロントリバー・カノンよ。招待いただきどうもありがとう。」

VVスタッフ(以下V):

「カノンさんこんにちは!ご参加いただきありがとうございます!今回一人目の参加者ということで、意気込みをお願いします!」

F:「意気込み?特にないわね。強いて言うなら、わたし色に店を染めてやろうって感じかしら。ま、stay homeにも飽きたし、stay shopにチェンジしてみようかと思って。」

V:「カノンさん相変わらずですね…!その調子でこれからお店作ってってください。」

F:「まかせなさい。」



それではさっそく

プレイしてみよう!☆

F:「ぴょんきち…?メガネの色以外全部いっしょじゃない。一卵性双生児なの?アロハっぽいシャツでお出迎えしてくれるのね。一瞬ハワイのホテルのエントランススタッフかと思ったわよ。」



※注:フロントリバー・カノンは1言うと10返ってくるタイプなので何も言わないほうが吉


名前・誕生日・店の名前を決めよう!

F:「名前ね~。普段だったら普通にフロントリバー・カノンにするところだけど、たまには違う自分を演じたいときってない?女って、いつもとは違う自分を楽しみたいときがあるの。メイク変えてみたり。だからヴィレヴァンの店で働く自分を想像して名前つけようかしら…」

F:「名前はポスカよ。why?って思ったでしょ。思ったでしょ?ヴィレヴァンってよくポスカ使ってポップ書くじゃない?だからよ。誕生日は5月13日。ヴィレヴァンの誕生日よ。ちゃんと勉強してきたわ。褒めなさい。お店の名前はところ店よ。why?って思ったでしょ。思ったでしょ?………………ところてんが好きだからよ。」

髪型を決めよう!

F:「ヘアスタイル、最も重要ね。普段のわたしならこの中のどの髪型もチョイスしないわね。ゴージャスなのが一つもないじゃない。仕方ない、あえて普通っぽい二つ結びをチョイスするわ。」

エプロンの色を決めよう!

F:「ヴィレヴァンといえばこのエプロンよね。これ、ピンクはやめとけって言ってるわよね。ワントーンコーデってものを知らないのかしら。じゃあ無難なネイビーにしちゃう。」

ピアスの個数を決めよう!

F:「…ピアス?この項目、ヴィレヴァンならではね。ヴィレヴァン店員ってみんなピアスしているイメージ。ここは張り切ってピアス10個にしちゃう。あゝ いつもと違う自分って楽しい」

住む島の地形を選ぼう!

F:「移住先ねぇ。マンハッタンとかないの?あそこもいちお島よ。まあどうみても無さそうだからこの一番家っぽい形の島にしようかしら。」

レジ(テント)を置く場所を決めよう!

F:「なるほどね、ここでは島=店 テント=レジと考えて、どんどん色んな売り場増やしていって、自分の店のレイアウトを決めていくってことなのね。よく考えたじゃない。てことでレジは海辺に設置したわ。波の音聞きながらレジ打てるって、エモいわ。津波きたら一瞬でTHE ENDだけど。お天道様が味方してくれることを祈るわ。まぁ、危険を顧みない女、それが私なの。」

次回!家主さんにローン交渉!?

V:「いや~カノンさんお疲れ様でした!いつも通りのズバリ言う感じが堪りませんでした!いかがでした?」

F:「あら、もう第一回終わりなの?あっという間だったわ。案外楽しめたわ。辛口コメントしすぎたかしら?でも言われるうちが花よ。次回も楽しみにしているわ。ごきげんよう」



はい、第一回目の「あつまれ!ヴィレヴァンの店」いかがだったでしょうか!フロントリバー・カノンさんの毒舌っぷり、ここぞとばかりにいい味出てたね~。名前の決め方、斬新。



次はなんだかバチバチな雰囲気?それでは「あつまれ!ヴィレヴァンの店」次回もお楽しみに!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★






年齢不詳の独人アラフォー女性。

日光が苦手で基本的に行動するのは夜。最近はパプリカを自宅で育てるのにハマっている。毒舌を売りにしているが、実は繊細。少し扱いが面倒だが独身アラフォー視点でズバッと本音を言うところに共感を得る女性も少なくない。好きな食べ物は馬刺し。国立競技場がパワースポットだと信じている。好きなことわざは鬼に金棒