VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2019.07.30

ヴィレッジヴァンガード百合部への道『神絵師JKと腐女子OL』

このインタビューは2019年5月25日発行VVマガジンvol59に掲載された記事の転載です。

今回ご紹介しますのは、2019年6月14日(金)に1巻が発売する、さと先生の『神絵師JKと腐女子OL』です。

OLで腐女子の相沢(HN・アイ)は20代後半、彼氏ナシ、「この世にBLより大切なものはない」と豪語する筋金入りのオタク。

そんな彼女が「神」と崇める絵師がいる。

SNSを随時チェックし、即座にRT・いいねを押し、サイトの方にコメントもかかさず、熱のこもったコメントを打ちに行くほどの崇めっぷりだ。

相沢が打つその熱のこもったコメントは日々、ネットを介して神絵師・ミスミの励みになっていた。

ある日ミスミがイベントで本を出すと知り、気合いを入れて相沢が向かった神絵師のブースに座っていたのはなんと、かわいらしい女子高生。

思わず「好きです」と伝えてしまうが、そのひと言がミスミの頭の中をぐるぐる回って――。

女子高生と社会人という"年の差百合"でもある作品で、年下であるミスミの飾らない素直な発言にドキドキさせられる大人の相沢という構図がとてもよく、ミスミの乙女っぷりに、こちらが思わずドキドキしてしまう。

また互いをアイさん、ミスミさん、とHNで呼び合うところがいかにもオタクで共感できるのだが、このふたりの関係においてはネット上の知り合いで好意も伝えている上で、まだ本名や詳しいことは知らないという絶妙な距離感でなんだかもどかしい。

これから二人がどんなふうにお互いを知って親密になっていくのか、目が離せない。


本記事はVVmagazine vol.59に掲載されたものの転載です。

VVmagazine vol.59はコチラ

関連キーワード

百合
VVMagazine

関連記事

もっと見る