VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2018.01.12

【無くなってほしくないから】若者さんよ、「絶メシ店」の後継者になってみないか!!

絶やしてしまうには惜しすぎる絶品グルメ、それが「絶メシ」だ。

巨大パフェに、スパゲッティ、醤油ラーメン、ます重。

絶滅しちゃうかもしれない旨いメシ。

通称「絶メシリスト」。


絶やしてしまうには惜しすぎる絶品グルメ、

それが「絶メシ」だ。

市民に愛される味を長年守り続け、

町の歴史にそっと寄り添う老舗がキミの町にもきっとあるだろう。


そんな愛すべき“絶品グルメ”を“絶滅”させないために!!

グンマーこと群馬県高崎市が立ち上げた

グルメサイト、その名も『絶メシリスト』


高崎市に点在する「絶メシ」を紹介している本サイトでは、店主たちが料理へのアツ~い思い(たまに冷めてる人もいる)と後継者問題の悩み(悩んでない人もいる)を赤裸々に語っているのです。


その中から選りすぐりの「絶メシ店」5店をピックアップしてご紹介。


ほら、だんだん跡継ぎたくなってきたでしょ? 

ちょっと看板背負ってみよ?


幸せな味、全部教えてあげる。

「デルムンド」のミートソーススパゲッティ。

マスターの高橋康夫さんと恵美子ママが、

40年前に開店した「デルムンド」


安くて旨い洋食店”をモットーに

夫婦二人三脚で走り続けてきたそう

(中学時代の同級生だというから驚き。人生ほぼ一緒じゃん)。


ここのお店のいいところは、

その夫婦の仲の良さ。


なんでもコツコツタイプのマスターと、

仕事も遊びも一生懸命なママを取り巻く空気感は、もういろんな意味でごちそうさまです!って話なんす。


そんな幸せ満点なマスターが作るメニューもまた幸せなもんで。1週間煮詰めたミートソースがたっぷりかかったスパゲッティ、そこに大きなハンバーグがドンっとのっちゃってる、なんとも幸せな一皿!! 


は~旨いに決まってる。

現在この味が作れるのはマスターただひとり。

「味を引き継ぎたいという人がいれば全部教えてあげるつもり」

by恵美子ママ。

だって! 後継

者がいない今こそ、

後継ぎチャンスなのです! 


レッツ後継ぎ~~~。

手打ち麺は絶対にやめない 。

「 香 珍 」自慢 の 醤油ラーメン

ガンジー風な善養寺静雄さんが

店主をつとめる中華料理屋「香珍」は、

善養寺さんが日々仕込んでいる

手打ち麺が自慢。


師匠である中国出身の料理人、

劉胃源(リュウ・イーゲン)さんに教わった

その麺打ちはまさに神業! 




とはいえ麺打ちは体力勝負。

「もう歳なんだから無理しないで市販麺使いなよ」という声もあるなか、善養寺さんは麺打ちをやめないのです。

なぜなら「私は麺を上手く作るのが楽しいんだ」

…か、かっけー。これぞプロ! これぞガンジー!(関係ない) 

そんな善養寺さんの歴史と思いのこもった麺の旨さを感じるには、シンプルな醤油ラーメンが一番。

鶏ガラと豚ガラでとったあっさりスープ、主張しすぎない具が、麺を主役にさせるのです…。

これぞ至極の味なり。

この大切な味を残したいという善養寺さん。

「年齢関係なく真面目な人がいい。経験も気にしない」。


さぁ、道は開かれた! いざ「香珍」へ修行の道を歩むのだ!!

自家製プリンにフルーツ、ホイップ盛り盛りで。

「コンパル」名物、激ウマプリンア・ラ・モード

昭和39年ごろに創業した老舗喫茶店

「コンパル」は、書籍やエッセイにも登場

する純喫茶のなかでも名の知れた老舗。


そんな名店を半世紀以上も守ってきたのは、

「ほかの能力がないからただ長くやっているだけ」と語る店主の田島保雄さん(ナイススマイル)と、「お店は大変よ~、今すぐにでも辞めたいもの」とあっさり気味なあきえ夫人(顔出しNG)。


そんなおふたりをよそに、

ひときわ存在感を放つのは、

純喫茶の王道「プリンア・ラ・モード」


そう!

 コンバルのはすんごいんですわ。

なんといってもこのボリューム! 見よ!


決め手である自家製プリンを覆い隠すほどに、盛り盛りに盛られたフルーツ&ホイップたんまりが輝いておられる。

麗しゅう~~~~。

もちろん味も激的な旨さ。

「ただ普通の材料で普通に作ってるだけの普通のプリン」言い放つ田島さん、そりゃ嘘だぜ。


こんなにステキな「コンパル」。

絶やすわけにはいかない問題。

超人気店なのに絶えるって何ごと?

「とんかつ うかい亭 -花」

極太エビフライや極厚とんかつが名物の

「とんかつ うかい亭 -花」は、

創業当初からお客さんが後を絶たないという超人気店。


そんな(「金」の匂いがプンプンする)

名店がなぜ絶メシリストに? 


「お店は安定してるの、今はね。でも先は見えないのよ…。でも、とにかくお父さんの味は残したい」

そうつぶやくのは、

ゴスペルクワイアを率いてそうな雰囲気を

醸す奥様・安藤豊子さん。


そう、「とんかつ うかい亭 -花」の悩みは

後継者がいないこと。


娘さん2人は医療従事者(す、すげえ)、

現在お弟子さんもおらず、

店主である安藤和夫さんもそろそろ引退の兆し。ってこのままじゃ絶っちゃうじゃん…。

「できたらいつまでも続けたいけど、明日ぽっくりいくかもしれない。ガマン強くてやる気がある方に僕の味を継いでもらいたいね」と安藤さん。

さあ、一代で超人気店を作り上げたご夫婦の思いを! 激ウマとんかつの味を! 

継承してみませんか!

「満寿池」の未来を君に!

逸品ます重を存続させよーー。

ます料理の名店「満寿池」

同店イチオシのます重は、

敷地内の養殖池で飼育したますを

生捕して調理する、新鮮さが決め手。


昭和33年(約60年前!)に考案された

ます重の味を求めて、県外からも

お客さんが訪れるという至極の逸品なのだ。


その味を引き継いだのは

3代目店主の阿久津サトシさん

(見るからにいい人そう)。


そして創業当初からお店を支えている

サトシさんの母、昌子さん。


おふたりにとって「満寿池」は大切な場所。

この歴史を絶やさないため、

現在ビジネスパートナーを探しているという。


「当面の目標は、『食』と『遊』のレジャー・リゾートにできたらなぁって考えているんです」


え!規模でか!


 「(お店がある)倉渕にも最近いい風が吹いているんです。僕は再び人が戻ってくることを期待しています。そのためにも宿泊できるレジャー施設を…」。



そんなサトシさんの目標を

自然に溢れる「満寿池」で一緒に叶えませんか?


我こそは!

というやる気のある方は

こちらのメールアドレスにご連絡ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

zetsumeshi@city.takasaki.gunma.jp 

詳しくは、 絶メシリスト で!

記事元

こちらの記事はヴィレッジヴァンガード公式フリーペーパー「VVMagazine vol.42」で読む事が出来ます。

VVMagazineの情報をもっと見る!

関連キーワード

おもしろ
たべもの
若者

関連記事

もっと見る