VILLAGE VANGUARD
  • 最新記事 最新記事
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2021.09.11

朗読劇『湯布院奇行』公演記念キャンペーン!

シェアする

Facebook

ヴィレッジヴァンガード Twitter&店頭キャンペーン開催!

作品概要

成田凌、黒木華、コムアイという“奇跡”とも言える競演が生み出すのは、現実と夢想の狭間で翻弄される男(成田凌)とそこへ導く女たち(一人複数役・黒木華)による耽美と官能の世界。そしてコムアイが物語全体を包む込むように歌うことで、朗読劇を超えた夢幻の世界が拡がる――。令和の村上春樹と称されるベストセラー作家・燃え殻。彼による新境地とも言える書き下ろし原作を、『シリーズ江戸川乱歩短編集』(NHK)で話題を呼んだ狂気の異才・佐藤佐吉が脚本化。そして、映画「花束みたいな恋をした」「罪の声」のヒットメーカー・土井裕泰が舞台の演出を初めて手掛ける。日本を代表する才能がぶつかり合う時、いったい何が巻き起こるのか・・・。ぜひ劇場で体験してください。

朗読劇『湯布院奇怪行』公式サイトはコチラ!

あらすじ

物語の主人公は、緊張が絶えない都会の日常に“バグ”を起こしてしまった小説家の「僕」(成田凌)。限界を迎えた朝のラッシュ時、気がつけばアルコール度数の高いロング缶を片手に脂汗をポトポトと垂らしながら、恩人である現代芸術家の沖島にメールを送っていた。


「死にたいときってどうすればいいんですかね」


そんなこじれた十代のようなメールへの返信は


「旅に出なさい。

いつもより遠くまで。

死にたいという感情は遠くに行きたいということです」


沖島の指示のままに僕は湯布院の渓谷堂という喫茶店にたどり着き、「忍」という女に迎えられた。自らの“バグ”について語っていた筈の僕だったが、ふと目を覚ますと旅館の一室にいた。


僕「いつからそこに?」

忍「いやだわ。ずっとですよ」

僕「僕とあなたはさっきまで溪谷堂の一階の喫茶店に・・・。そのあと、どうやってここに・・・」


ただ静かに微笑む忍を後に部屋を出た僕は、廊下で忍と瓜二つの女性「片桐」と出会う。戸惑う僕を片桐が笑う。


「バグってらっしゃるのかしら」


片桐は沖島からのもう一通の手紙を読むよう告げる。そこに書かれていたのは、


「どんなに心地良かったとしても、百日以上滞在してはいけませんよ。

百日滞在してしまったら、

君は、

綺麗さっぱりこの世界から溶けてなくなってしまいますからね」


今日到着したばかりだと笑う僕に、忍が言う。

「ここに来られてもう一週間。早いですねえ」


食い違う会話に恐れを抱いた僕は、柱に滞在日数を刻み込もうとして、言葉を失う。

そこには、僕の字で「正」の字と二本、一週間分の日にちが刻まれていた・・・。


湯布院で織り成される夢とも現ともつかぬ世界に、彼は次第に翻弄されていき、

やがて―――――

朗読劇『湯布院奇怪行』公式 Twitterはコチラ!

朗読劇『湯布院奇怪行』公式TiKTokはコチラ!

CAST

成田凌

(なりた・りょう) 1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。

2014年フジテレビNEXT smart オリジナルドラマ「FLASHBACK」に主演し、俳優デビュー。

近年の主な出演作に、

【映画】「ニワトリ★スター」「ビブリア古書堂の事件手帖」「スマホを落としただけなのに」(18)、「愛がなんだ」「カツベン!」(19)、「弥生、三月 -君を愛した30年-」「糸」「窮鼠はチーズの夢を見る」(20)、「まともじゃないのは君も一緒」「くれなずめ」「竜とそばかすの姫」(21)

【ドラマ】『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)、『おちょやん』(NHK)、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(CX)、『アリバイ崩し承ります』(EX)など。


コメント

脚本を読ませていただき、次の行にどんな言葉が来るのか、わくわくが止まりませんでした。 少し不気味で、美しく愛おしい、湯布院奇行という旅に没入していただきたいです。 信頼できるスタッフ、心強い共演者と共に、初の朗読劇を楽しみたいと思います。

黒木華

(くろき・はる) 1990年3月14日生まれ、大阪府出身。2010年にNODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、本格的にデビュー。

主な出演作に、

【映画】「小さいおうち」(14)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(16)、「日日是好日」(18)、「浅田家!」(20)、「先生、私の隣に座っていただけませんか?」(21)

【ドラマ】『重版出来!』(TBS)、『みをつくし料理帖』(NHK)、『凪のお暇』(TBS)、『イチケイのカラス』(CX)

【舞台】「書く女」(16)、「お勢登場」(17)、「ハムレット」(19)「ウェンディ&ピーターパン」(21)などがある。


コメント

土井監督と成田凌さんと朗読劇という形で、燃え殻さんの不思議で色気のある世界をどう広げられるのか、想像を膨らませて楽しみたいと思います。

コムアイ

アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受けて加入した「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。2019年4月3日、屋久島でのフィールドワークをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作した音源「YAKUSHIMA TREASURE」をリリースし、公演を重ねる。2021年、新しい形の音楽体験「YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from 屋久島」をオンラインにて公開。現在はオオルタイチと熊野に通いながら新作を準備中。2020年からOLAibiとのコラボレーションも始動。北インドの古典音楽や能楽、アイヌの人々の音楽に大きなインスピレーションを受けながら音楽性の幅を広げている。音楽活動の他にも、ファッションやアート、カルチャーと、幅広い分野で活動。2020年にアートディレクターの村田実莉と、架空の広告を制作し水と地球環境の疑問を問いかけるプロジェクト「HYPE FREE WATER」が始動するなど、社会課題に取り組むプロジェクトに積極的に参加している。


コメント

夢の中へ、外国へ、心の奥底へ、言葉や音の力を借りて、飛んでゆきましょう。身体が旅をできなくとも、心や意識は、風船のように自由です。おしゃべりとうたを行き来しながら、自分のやったことのないパフォーマンスに出逢えるのをたのしみにしています。湯布院の渦の中へ、ぜひ飛び込みにきてください。

STAFF

原作 燃え殻

燃え殻(もえがら) 1973年生まれ。小説家、エッセイスト、テレビ美術制作会社企画。2017年、小説家デビュー作「ボクたちはみんな大人になれなかった」がベストセラーとなり、2021年、Netflixで映画化、全世界に配信予定。著書に「すべて忘れてしまうから」「夢に迷って、タクシーを呼んだ」「相談の森」がある。


コメント

宛のない物語を書いてしまったのは、去年の夏のことでした。今回のプロデューサーの佐井さんに、その物語を送ったことですべてが始まりました。素晴らしいスタッフの方々、出演者の皆さまと一緒に作品作りができることを、期待半分、恐怖(武者震いと思いたい)半分で、いまから楽しみにしております。

脚本 佐藤佐吉

(さとう・さきち) 日本映画界において「佐藤佐吉にしか書けない」と⾔われる世界観を構築し、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭最優秀脚本賞を受賞するなど、国際的な評価も⾼い脚本家であるとともに、ドラマや映画の監督としても圧倒的な存在感を放っている。近年ではNHK BSプレミアムにおける江⼾川乱歩や横溝正史原作のドラマ化が⼤きな話題を呼んだ。 また俳優としても米映画「キル・ビル」に出演するなど、その創作活動は多岐にわたる。


コメント

デビュー作からファンだった燃え殻さんの原作。演出が土井裕泰監督。脚本のお話をいただいた時お断りする理由は全くなかったので即答でお引き受けしました。今までとはちょっと肌触りの違う燃え殻ワールドご堪能ください。

演出 土井裕泰

(どい・のぶひろ)TBSテレビコンテンツ制作局ドラマ制作部所属。『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』『GOOD LUCK!!』『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『凪のお暇』など、数々のヒット作の演出を手がける。また「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」「麒麟の翼~劇場版・新参者~」「映画 ビリギャル」「罪の声」(第44回⽇本アカデミー賞優秀監督賞受賞)など、映画監督としても高い評価を受けている。最新作「花束みたいな恋をした」はロングランの大ヒットを記録した。


コメント

「これを朗読劇にしたいのです」とある日私のPCに送られてきたファイルには“湯布院奇行”という標題が記されていて、その時抱えていたままならぬ仕事のままならなさにほとほと疲弊しきっていた私は、何かから逃れるように、縋るようにそのファイルを開き、頁をめくってしまった。そしてその日から、この不可思議な「湯布院」の物語と人間たちが私の中に棲みついてしまったのです。 成田凌、黒木華という敬愛する俳優達との、この奇しき道行きがどこにたどり着くのか、「朗読劇」という新しい扉の前で立ち竦みながらも、わくわくと震えが止まらないでいるのです。

❶<Twitter>キャンペーン開催! 燃え殻さん&土井裕泰監督のサインを抽選でプレゼント!

燃え殻さん、土井裕泰監督お二方のサイン入りヴィレヴァンポップを抽選で

5名様にプレゼント。

ヴィレッジヴァンガードの公式Twitter (@vv__official)を

フォロー&対象のツイートをRTで応募完了!


RT対象ツイートはこちら↓

【URL】

https://twitter.com/vv__official/status/1436540097390841857


抽選で当選者決定!
見事当選された方には、
公式アカウントよりDMにてご案内をお送りいたします。


<開催期間>

2021年9月11日(土)~9月25日(月)23:59まで

❷<Twitter>キャンペーン開催! 成田凌さん&黒木華さん&コムアイさん のサインを抽選でプレゼント!

■成田凌さん、黒木華さん、コムアイさん お三方のサイン入り公演チラシを

4名様にプレゼント!

ヴィレッジヴァンガードの公式Twitter (@vv__official)を

フォロー

❷コメント付引用リツイート

 朗読劇への期待コメントをぜひ!

❸観劇


❶~❸の条件を満たした方4名様にサイン入りチラシをプレゼント!

※こちらの応募条件には劇場で朗読劇「湯布院奇行」を観劇していただくことが必須となります。当選の方には、劇場で当選品をお渡しとなります。


RT対象ツイートはこちら↓

【URL】

https://twitter.com/vv__official/status/1436540097390841857


抽選で当選者決定!
見事当選された方には、
公式アカウントよりDMにてご案内をお送りいたします。

※当選連絡から公演日まであまり時間がございませんので、DMでご連絡さしあげてから早めのご返信にご協力お願いいたします。

                                                                                  

<開催期間>

2021年9月11日(土)~9月25日(月)23:59まで

❸下北沢店での店頭キャンペーン!

燃え殻さん、土井裕泰監督お二方のサイン入りヴィレヴァンポップをプレゼント。


↑POP(引換券


ヴィレッジヴァンガード下北沢店で関連商品(書籍、CD等)をご購入の先着25名のお客様に、

「湯布院奇行」と書かれたPOP(引換券)をお渡しします。

こちらを劇場にお持ちいただきますと、

燃え殻さん、土井裕泰監督お二方のサイン入りヴィレヴァンポップをプレゼント。


※こちらの引き換えは劇場で朗読劇「湯布院奇行」を観ていただくことが条件となります。当日は必ずPOP(引換券)を忘れずにお持ちください。

 POP(引換券)は売り場に展開しております商品に同封しております。商品の変更はできかねますのでご了承ください。


<開催期間>

2021年9月11日(土)13時 ~ なくなり次第終了。



■公演概要[タイトル] 朗読劇 「湯布院奇行」

原作    燃え殻

脚本    佐藤佐吉

演出    土井裕泰

出演

私     成田 凌

謎の美女  黒木 華

歌唱    コムアイ


[日程] 全4公演

9月28日(火) 18:15開場 19:00開演

9月29日(水) 13:15開場 14:00開演   18:15開場 19:00開演

9月30日(木) 13:15開場 14:00開演


[会場] 新国立劇場・中劇場(東京都渋谷区本町1丁目1番1号)


[製作/主催] TBS


■チケット情報料金 7,500円(税込・全席指定)・TBSオンラインチケット https://www.e-tix.jp/tbs/tbsonline/・ローソンチケット https://l-tike.com/yufuinkikou/・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/yufuinkikou/[チケットに関するお問い合わせ]ローソンチケットインフォメーション https://l-tike.com/contact/

\シェアする/