VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

商品情報

2019.04.04

喋るTシャツ運営者に聞く、平成ラスト計画。リアル店舗初、ヴィレヴァン『平成ゆとりTシャツ』発売中

「Tシャツはコミュニケーションツールだ!」

Tシャツ専門ブランド『喋るTシャツ』の勢いがすごい。2016年にスタートしたこの企画は、Tシャツに「それなに!?」とついつい突っ込みたくなるデザインを施すことで、コミュニケーションのきっかけを生むことができる、というもの。

第一弾「出身地Tシャツ」と第二弾「THANKS Tシャツ」は、クラウドファンディングで総額257万534円の支援を達成。

2018年に行われた第三弾「平成ゆとりTシャツ」は2週間で1, 225枚を売り上げ、さらにヴィレヴァンのオンラインでも発売し、SOLDOUT!!

そして、数ヶ月が経ち平成が終わりを迎えようとしている今、「平成ゆとりTシャツ」が復活。題して「平成ラスト計画」!!

その企画のひとつに、またまたヴィレヴァンも関わっているということで「平成ラスト計画」の実態を、『喋るTシャツ』の企画運営を行っている稲沼峻さん(右)と峯尾雄介さん(左)に伺ってきました!

――「平成ラスト計画」ってどんなことが起こるんですか!(ワクワク)

稲沼「いろいろあるんですけど…まずは3月1日から14日間限定で『平成ゆとりTシャツ』と平成生まれのクリエイター6名と1ブラントとコラボしたオリジナルTシャツの予約発売をします。今日で発売から3日が経ったんですけど、すでに830枚売れていて。もしこれ売れなかったら借金背負うことになっていたのでひとまず一安

心ってところですね(笑)」(すでに予約販売は終了しています)

峯尾「そして2018年10月に行った『平成が終わルンです』をアップデートさせた『平成が終わルンです Final』を7月に開催します。参加人数は前回の10倍、展開会場は3ヶ所とかなり気合の入った企画でして」

―― おおお! 前回の『平成が終わルンです』はメディアにもたくさん取り上げられていて、注目度が高かったイベントですよね。

稲沼「開催場所は原宿・渋谷と、立地も最高で回遊するにもいいし、展示写真はおそらく1,000?2,000枚になると思うので見応え抜群ですよ」

―― ヴィレヴァンともコラボをすると小耳に挟んだのですが、どういった内容なんですか?

稲沼「4月1日から全国10店舗で『平成ゆとりTシャツ』を発売することになったんです!!

前回はVVオンラインで発売させていただいたんですけど、今回は『喋るTシャツ』としてもはじめての店頭販売で」

―― ほかにもブランドがあるなかで、なんでヴィレヴァンを選んでいただけたんですか?

峯尾「前々からヴィレヴァンとの相性がよさそうだなと、ふたりで話していたんですよ。そんなときに去年「うちでも販売しませんか?」とお声がけいただいて、ぜひ!と」

稲沼「個人的には、バンドをやっていたころヴィレヴァンにCDを置いてもらうことがひとつの目標だったんです。吉祥寺店に流れているバンドのPVとかCDがいつもセンスがよくて、俺らもその一員に! って思ったものの、その願いは叶わずに散り、時代を超えてTシャツで叶えることができました(笑)」

峯尾「僕たちとしては、上は北海道、下は沖縄まで! と言えるのがうれしいです。というのも、第一弾の「出身地Tシャツ」のとき、購入者にTシャツを手渡しする企画があったんですが、ギリギリ青森県までしか行けなくて」

――え、手渡し!?青森から沖縄まで!?

稲沼「はい、地獄でした(笑)。手渡しすることを購入者には伝えていなかったので、半分は留守だし、お届けは遅くなるしで、結果的に言えば迷惑だったっていう(笑)」

峯尾「でもやりはじめたら途中では引けないし…」

―― しかもサプライズとは…やばい。

稲沼「その日は山口県の人里離れた地域にある一軒家に、僕らふたりでタクシーに乗って家まで届けに行ったんです。まあどう考えても怪しいですよね。僕はドレッドだし。そしたら購入者のおじいちゃんらしき方が出てきて、『うそつけ! 東京から届けに来るわけないだろう! 警察呼ぶぞ!』と。逃げるように渡して帰ってきたこともありました(笑)」

峯尾「結果的にはいろんな人とも会えたし、こんなにたくさんの方が買ってくださったことを実感できたいい機会でもあったのでやってよかったです。まあ、もう二度とやらないけど(笑)」

―― そんな珍体験(?)も含め、着実にパワーアップしているわけですから、本当すごいっす。

稲沼「ここまでこれたのは実力でもなんでもなくて、本当に奇跡。奇跡に全力で乗っかっただけなんですよ。僕らはアパレル業の経験もほとんどないし、美大とか専門卒でもなくどちらも文系の大学。逆にそこは僕らの強みなので、アパレル業界の常識を知らない僕らが思うおもしろいことをやっていきたい。そのひとつが手渡しだったし(笑)。失敗も含めて今後もいろいろやらかしていけたら楽しいなって思っています」

―― そもそも『喋るTシャツ』の目標は、2020年の東京オリンピックまでに日本人のコミュ力をアップさせること、そしてTシャツを1万枚売ること、なんですよね。

稲沼「これから夏=俺らの季節が来るんで、期待しててください。東京オリンピックはもちろん、そのあとも注目しててほしいですね。Tシャツに特化したブランドはまだまだ少ないですから、俺らがTシャツでトップになりたいと思っています」


『平成が終わルンです Final』

日時/2019年7月19日(金)~31日(水)

場所/FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP(東京都渋谷区神宮前6-29-4)、baseyard tokyo(東京都渋谷区神宮前6-12-22)、

hotel koe tokyo(東京都渋谷区宇田川町3-7)の3ヶ所にて同時期開催

平成ゆとりTシャツ公式サイト http://talking-tshirts.com/heiseiyutori/frontpage.php?selectval=1994

ヴィレヴァンで『平成ゆとりTシャツ』が買えるって!

今まで5回期間限定でEC販売を行い、4,000枚以上を販売、

ヴィレヴァンオンラインでも大人気だった『平成ゆとりTシャツ』が

ついにリアル店舗で購入可能に!


平成生まれという共通点をきっかけに、新しいコミュニケーションか?生まれることを目的にしたT?シャツは、平成を意味する1989-2019の胸ロゴのみのシンプルなデザイン。

ゆとり世代と言われる平成生まれをL以上のサイズ展開で表しています。


あなたは、平成最後に何着てる?

取扱い店舗

発売日

発売中

取り扱い店舗情報

詳細は各店舗にお問い合わせください。