VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

メディア情報

2018.02.19

一生のお願いだから再ソフト化してほしい! 世紀末アメリカ映画ベスト3

1999年、ノストラダムスの人類滅亡を信じていたわけではないが、バブル崩壊の漠然とした不安に日本が包まれる中、心のどこかで「こんなつまらねえ世界ぶっ壊れればいい」と期待していた。そんな不透明な将来と「何者でもないちっぽけな存在」という現実から逃げるため、僕は映画館に通った。世紀末のカウントダウンを前に登場人物の不安や恐怖や絶望は、当時の僕が抱えていた感情そのものだった。

『ストレンジ・デイズ』

1995年アメリカ/監督:キャスリン・ビグロー/出演:レイフ・ファインズほか/日本ヘラルド映画(PCH)

公開当時、ジャズやブルースを聴き齧り、おしゃれっぽい映画を求めてミニシアターに通い、「違いのわかる男」風な空気に酔っていたが、今思えば社会人のくせに中二病から抜け出せない黒歴史だった。それでも、この映画でジャズのかっこ良さを理解できたのだから、あながち無駄ではなかったはずだ。いや、2017年現在の自分のだめっぷりを考えると、やっぱり無駄だったのかもしれない。

『L.A.コンフィデンシャル』

1997年アメリカ/監督:カーティス・ハンソン/出演:ケヴィン・スペイシー/日本ヘラルド映画(PCH)

昔々、『スターどっきり㊙報告』っていう番組があって、芸能人がドッキリを仕掛けられて最後に夏木ゆたかが登場して「大・成・功!」っていうお決まりのパターンがあったが、他人が翻弄されているのを観るのは楽しい。でも自分の人生そのものを覆される事態に巻き込まれたら、理性や価値観を保ち続けることができるのか? 他人ってどこまで信用していいのか? そんなことをふ

と考えたりするのだ。

『ゲーム』

1997年アメリカ/監督:デイヴィッド・フィンチャー/出演:マイケル・ダグラスほか/東宝


平出智也(41)北海道在住/イオンモール釧路昭和店店長
昔は「カレーは飲み物だ!」って信じて疑わなかったんですが、ここ最近歳のせいかゴクゴク飲めなくなってきました。悲しいッス…オレ悲しいッス! 自分で自分のことを許せないッス!!

※プロフィールは雑誌掲載当時のものです。

『東京グラフィティ』#143(2017年4月号)掲載

東京グラフィティ

関連キーワード

東京グラフィティ
映画
コラム

関連記事

もっと見る