VILLAGE VANGUARD
  • 最新記事 最新記事
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

ヒマつぶし情報

2021.09.02

異動民族でも出来た!~お金の貯め方☆その①がむしゃら働き期~

シェアする

Facebook
Twitter

前回のおさらいーーー

今や大型ショッピングセンターやチェーン店で働く人や、その家族(転妻)は当たり前に

なってきました。一定の期間を過ぎると無条件に転勤、転勤。

それを楽しめる人もいれば、ストレスに感じる人も多くないハズ。

年を重ねれば重ねるほど『またか』となる。

そんな転勤族を支える妻(以下:転妻)の生活の10年に渡るエピソードを

全5部作でご紹介する内容となっております。


今回は転妻になるまでの働き方、暮らし方

”がむしゃら期”について語ろうと思います。


ただ、節約した生活費や貯金のハナシだけでは面白くないので、

ヴィレヴァンの10年前の入社当時についても少しお話しようと思います。


まず、何が悲しくて、地元を捨ててまで全国転勤の会社を選んだかというと・・・

ズバリ、 

ヴィレッジヴァンガードが大好きだったから!!愛!!!

 

この一言に尽きます。


はじめてヴィレッジヴァンガードを訪れたのは、高校の時に大学生の彼に連れられて行った下北沢店でした!当時サブカル狂いだった私は、新しい世界”遊べる本屋”に魅了されたのは20年前のキオクで、、、

(入社後ヴィレヴァン発祥は愛知と知る)

ハナシが長くなるので一旦現実に戻ります。


時給にするとまず、その県の最低賃金です。(スタート時700円台、、、)

でも、そんな時給に顧みない程に働く仲間にぶっ飛んだ!そして伝説の店長が

沢山いらっしゃいました!


ここでその一部の方をご紹介~

VV黄金期伝説!

その①ウォンカチョコ(今はなき)

3,000個を1店舗で発注して売りさばいた店長がいた!とか。

これ、結構リスクあります!シーズンものチョコだから夏までに売り切らないと店で溶ける!

(その時の売り場、売り方見たかったー!)


その②出版社と仲良しになって漫画家デビューした店長

勿論実力あっての結果です!

(改装前の計画書をイラストでおこしてた時は才能を感じました!そして、

『オレを超えていけー』と突然売り場の床にうつ伏せになった姿は忘れません!笑)


etc...他の店長やベテランスタッフに聞いたら沢山あるハズです!

これはほんの一部。氷山の一角に過ぎません。(笑)

ちなみに私のVV伝説は、、、(笑)

・クリスマス前の商談(商品を入れる際に業者さんと打ち合わせ)

 で怒涛の7時間越え(通常1~2時間程度)

 店で1時間打ち合わせして、業務終わって、ファミレス行って、ファミレス2件目行って、、、

 気が付いたら、朝の5時。帰ってシャワー浴びて2時間寝て仕事行って、、、

 とにかく~伝説をつくりたくて(勿論、売り上げありきの!)がむしゃらでした!


バレンタイン催事ではゴディバの女子力高め販売員さんを横目に、

 まどか〇ぎかのマミさんコスプレして盛り上げたり。

 (バレンタイン特集で地方テレビにも出演しました。)


・当時はハロウィンのコスプレは当たり前。毎年「何着よーーー?」って。

 店全員で着るので、恥かしげもなく!そんな時代。


なんといっても、一番忙しい時期は年末年始!

はい、そうです!

・クリスマスは誰かへの贈り物のために(勿論サンタのコスプレ💛)

・年始のお正月は福袋他、財布etc自分買い

法被でお出迎え!巫女さんの時代もありました!)

でヴィレヴァンを利用される方も多いのではないでしょうか!


この他にも全国で新しいお店が出来る!って時は出張(遠方は泊まり)して、

売り場づくりの力だめし!とかもあります。

(全国で実力派店長が集まる場でもあったので、

この時の売り場づくりは特に勉強になりました!タイムアタック的な)

全国とびまわった時、全国のヴィレヴァン仲間を感じたのはこの時でした!

とにかく、

 がむしゃらに働く=貧乏ヒマなし!

          遊ぶヒマなし!

〇年前のハロウィン思い出フォト

地元の友達ともだんだん疎遠になってきました、、、

(当時のわたし28歳、ちょっと社員目指すには遅咲きです。だいたいヴィレヴァン平均20代前半入社。

まわりは結婚、出産の第2ラッシュ!)

この頃には一人暮らしだったのですが、、、

その前、実家暮らし時の生活費(ほぼ、おこずかい)内訳について少しお話しておくと、こんな感じでした、、、


20代前半は学生をずるずるしながらアルバイトをして実家暮らし。

家にお金を入れる。という事もなかったので、

服代はざっくり月15万位。ブランドもの、古着、ごちゃ混ぜに好きでした。

インテリア(主に置物)、小物(トイカメラ大好き♡自動巻き時計、broochやカクテルハット代etc...)

そして、服代とは別にヴィレヴァンの大好きな本と雑貨とたまに変なお菓子を月2~3万位は買ってましたお。


....と振り返る訳ですが、

ヴィレヴァンの社員になるべく県外、そして一人暮らしをはじめたので、

当時とお金の使い方がガラリと変わったので追記します。

いち、販売員の給与収入、支出をどうせだったらリアルな金額で伝えたいと思います。


ズバリ 月26万が手取りでした。

(アルバイトスタートなので移住県の最低賃金で時給換算)

少し補足しておくと...月の休みは実質2回、がむしゃらに働いていました!

深夜改装も月1回あり!(お客さんのいない閉店後の店内でどたばたと土台から壊して、

売り場再構築、とんかちとドリル、のこぎりを持って大工作業です、)当時28才。


何の資格もなく、日々体力勝負です!(笑)

そして、支出は次の通りです。

・家賃 3.5万途中で払えなくなると怖いから、安いとこ探しました!)

・食費 2.5万(なるべく自炊、高校時の3年間一人暮らし歴がここで役立つ☆)

・光熱費 1.5万(一人暮らしな上に殆ど仕事で家にいないのに、少し高め。)

・消耗品(生活用品)5千円

・ケータイ代 1万↑↓(彼との長電話で2万円台までざらに変動する)

・おこずかい 3万(主に服代)

・交友費(デート代)5万!(遠距離だったので交通費やご飯代。

 いつも基本、割り勘。お互い一人暮らし)


その残りが貯金にまわるので、9万↓↑×2年くらい。

(約2.000.000貯まりました。)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事は楽しい!でも休みが少ない!(自分のせい)

休みの日は余裕資金(おこずかい+交友費)でお買い物や遠距離彼(ヴィレヴァン店長)とデート。

とにかくそんな生活を2年ちかく続けていました!


気がつけば...30代...。

この後、彼からプロポーズ?!があり、

そのタイミングで大阪に一緒に引っ越すことになるのですが...





この続きは次回!

ヴィレヴァン店長の暴露話

【爆買い!大阪無駄使い期】をお楽しみに☆





ラストはクリスマスの気合POP!(当時。現在は有料となっております)をご覧ください。


どうも、ヴィレヴァン歴10年の年長スタッフです☆

写真は元旦からウン●を被ってテンション上げてる30代

毎年の始まりは福袋大売りからのスタートです!

\シェアする/