VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

商品情報

2018.08.06

世界中の人々にこのスカート愛を伝えたい!スカートでお酒を飲みながら幸せを感じられるグラスを作りたい!

スカートグラスへの思い

私は保育園のうさぎ組の頃からスカートが好きでした。学生時代はスカートに風が舞い込んだ時のあのフォルムが特に好きでした。

恥ずかしそうにスカートを抑えるその手、キュッと小さくなるその脚までセットで好きでした。そして大人になり、お酒が飲めるようになりました。

お酒を飲みながら女性に踏まれるのも好きになりました。特に顔を踏まれることにこれ以上ない幸せを感じていました。

「踏まれ好きに悪いやつはいない」 と、踏まれ友達の真島くんもそう言っていました。

スカートでお酒を飲みながら、それでいて踏まれる幸せを感じられる、そんなグラスはないか。真島くんのように頬骨を損傷せず、安心して踏まれることができる、そんな適度な踏まれ感。世界中を探しましたが、そんなグラスはどこにもありませんでした。

こうしたことから、私はこの思いを胸にスカートグラスの設計に取り掛かりました。

製作は難航を極めました。失敗に次ぐ失敗、何度も諦めようとしました。


しかし、世界中の人々にこのスカート愛を伝えたい、その膨らみが生み出す宇宙を女性自身にも感じてもらいたい、安心して踏まれる幸せを、まだ踏まれたことのない人にも届けたい、これらの思いが支えとなり、ここまで製作を続けることができました。

構想から2年半、スカートの膨らみ方はもろちん、腕から指先までの自然な造形、足の角度に至るまで計算し尽くし、ようやく納得のいくものが完成しました。

この感動をより多くの人に伝えるため商品化をしたくクラウドファンディングを行います。みなさん是非この感動を世界に伝えるためご支援ください!


それではみなさま、スカートグラスで良いお酒をお楽しみ下さい。

スカートグラス