VILLAGE VANGUARD
  • フォロー
  • イベント イベント
  • オンラインストア オンラインストア
  • 店舗検索 店舗検索

商品情報

2017.12.07

大人気の『文豪マフラー』シリーズ 文学作品をモチーフし、作中の文章を配置したマフラー!!

大人気の『文豪マフラー』シリーズ 文学作品をモチーフし、作中の文章を配置したマフラー!!

底の見えない世界観をのぞいてみませんか...?

文豪マフラー(よだかの星)そしてよだかの星は燃えつづけました。

宮沢賢治著の『よだかの星』をモチーフにしたマフラーです。 全体的に青紫と白の組み合わせの原稿用紙を配し、文字側にはよだかが星になって燃える一文を選びました。 前作の銀河鉄道の夜をベースにしながらも色は青紫色の天の川や宇宙をイメージしています。 よだかが空を飛び、出会う星たちときらめく銀河と星屑、そして最後には燐の火のように燃えて青い光になったよだかとその後ろにはカシオペア座を描きました。 

文豪マフラー(羅生門)一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。

芥川龍之介の『羅生門』をテーマにしたマフラーです。 全体に原稿用紙を配置し、片面には三ブロックに分けた文章と、もう片面には物語の最後の文と退廃した羅生門を描きました。 下人の行動や心境を中心にした文章を前半、中半、後半にわけて配しました。 全体の薄い灰色の配色は京都のどんよりした曇り空をイメージし、よく見ると文章や絵には雨が降っているというデザインにしました。

文豪マフラー(銀河鉄道の夜) ハレルヤハレルヤ

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をテーマにしたマフラーです。 全面に青色と白の組み合わせの原稿用紙を配置し、文字面には終盤頃にブルカニロ博士がジョバンニに対して伝えた一文を選びました。(旧版) 片面には星座、飛び立つ白鳥、鉄道、そしてサザンクロスをあしらい一つの物語の流れをデザインしました。青と白のグラデーションを生かしつつ、星座部分の序盤は暗く、サザンクロスの部分は明るくしたりと対比にもこだわりました。

文豪マフラー(人間失格)恥の多い生涯を送ってきました。

太宰治の『人間失格』をテーマにしたマフラーです。 全体に原稿用紙を配置し、片面には三ブロックに分けた文章を、もう片面にはタイトルと名前、漫画家の主人公をイメージしたインク瓶やペンをデザインしました。 文章は冒頭、中盤頃、後篇の中から印象的な文章を配置しました。 こぼれたインクの染みなどは喀血したシーン→血の隠喩という意味もこめています。

文豪マフラー(ドグラ・マグラ)作中の文章の謎や狂気などといったドグラマグラが持つ独特の雰囲気。

夢野久作の『ドグラ・マグラ』をイメージしたマフラーです。 今までは文字とイラストでの表現でしたが今回はあえて文字のみで表現をしました。 片面には作中に出てくる、正木教授の論文である【胎児の夢】をメインに、バックにはその論文の前・中・後から印象的な文章を引用して配しました。

文豪マフラー(汚れちまった悲しみに……)文字のフォントは儚く消えゆく雪のようにあえて細くし、淡い表現に!

中原中也の【山羊の歌】『汚れちまった悲しみに……』をテーマにしたマフラーです。 今回は詩中に出てくる、小雪の白と、中也の詩のイメージである哀しみと青春を感じる青を配色のベースにしました。 今回使用した青色は前作の銀河鉄道の青や紺色とはまた違う青色で、青色の中にも所々ぼんやりとした暗い滲みなどを配し、詩の全体の雰囲気を表現しました。

文豪マフラー特集

関連記事

もっと見る